このブログではプロモーション広告を利用しています。

仕事術

決断できない人が持つ過剰なリスク思考 決断力をつけるには?

投稿日:

決断力を持った人はできる人

決断力。
目標を達成するために必要な力です。
上に立つリーダー的存在には必要な力です。

でも、中にはなかなか決断できない人も。

なぜ決められないのか。
何がさまたげになっているのか。

今回は決められない人がハマっているリスクに過剰反応することについて。

決断力をつけるためにはリスク過敏バイアスを壊すところから。

 

決断力がない人がハマっている過剰なリスク思考

過剰なリスクにおびえる必要はない

決断力をさまたげている人は、リスクに過剰に反応する人がいます。

過去に経験や実績がないリスクに過剰に反応してしまう。

決断できない人がハマっている状態です。

リスクに対して、過剰に反応する。
それだけで、決断力はおおきく落ちます。
もしこうなってしまったらどうしよう的な感じですね。

例えば、テレビでブラジルの犯罪について放送されたとします。

確かに、殺人件数も多くあぶない国ではあります。
世界の主な国の犯罪と日本と比べた記事はこちら。
海外に行くとわかる 日本っていい国 犯罪が少ないとストレスも減る

でも、南米でもブラジルはまだ成功している国。
観光地も多く、ビーチもとてもきれいです。
料理もおいしく、ブラジル人も明るくやさしい人が多い。

でも、テレビで犯罪の情報がながれると、もう危ない国として認識してしまいます。

日本にはない経験ができる国です。
でも、犯罪リスクに過剰に反応してしまう。
すると、どこにも行けない状態になります。

また、最近ちょっとしたことにもすぐに反応するブラック企業という言葉。

日本にはブラック企業ばかりあるイメージになっていませんか?

何百万とある企業の中で、どれだけの会社がブラックなんでしょうか。

  • 残業代なし
  • 有給とれない
  • 過労死

そんな企業が日本に何十万とはありません。

そんな過剰なリスクにおびえることで決断できなくなっている。
就職や転職のさまたげに。

また、自分の勤めている会社でも。
ちょっとしたことでブラックなんじゃないかと考える。
すると他の会社のことが気になってしまう。

リスクに過剰反応すると決断力がにぶってしまいます。

 

決断しなかった時のリスクは大きい

分かれ道でどちらに行くか迷う人

決断することなく、今のままでいいというのは、成長が止まっています。

確かにそのままでいいこともあります。
でも、時代は変化するもの。
古きよきものは残しつつ、新しいことには挑戦していくものです。

新しいことへの挑戦には、決断力が求められます。

でも、リスクを考えてしまって決断できなかった。
こっちの方がリスクです。

例えば、新しい目標をたてようとします。
目標達成にはパワーが必要です。
自分自身も仲間も負担が増えます。

  • もし達成できなかったらどうしよう。
  • 負担になりすぎてうつになったらどうしよう。
  • 病気になったらどうしよう。
  • 疲れていて事故にあったらどうしよう。

こういったことばかり考えて先に進めない人。
そんな人は取り残されていくばかりです。

確かにどんなものでもリスクはつきもの。
でも、そのリスクの確率はどれぐらいですか?

やらなかったほうがリスクになるということを頭に入れておきましょう。

 

そもそも決断力とは?

決断力とは、自分自身の判断、責任できめること。

決断力を持っている人は、
ものごとを責任をもって決めることができる人ですね。

決断力があるかないかで、人生はかわってくるぐらい。
それほど必要な能力です。

 

決断力をみにつける方法

決断できず1人で悩む

人生に影響がある決断力の有無。

決断力があるだけで、仕事では能力をのばすことができます。

また、プライベートでは決断力があれば頼りにされます。
モテます。

ここからは決断力のみにつけ方です。

  • 決断しなかった方のリスクを考えてみる
  • 迷ったらとにかくやってみる
  • 迷う暇がないくらいすぐに実行する
  • 周りを気にしない 自分がきにするほど他人はみていない
  • 経験値をあげる

決断しなかった方のリスクを考えてみる

今、あなたの目の前に決断を迫られているとします。

やるか、やらないか。

思い切ってやってみるのがいいですね。
でも、もしリスクが高かったら。
実績も経験もなかったら。

そんなときはやらなかった場合のリスクを考えてみましょう。

やってみて得た利益よりも、リスクの方が高い場合はやめておいたほうがいいかも。

でも、最初におつたえした、リスクに過剰反応しているおそれもあります。
客観的にみられる視点を持ち合わせましょう。

 

迷ったらとにかくやってみる

やるか、やらないか。
迷ったらやってみる。
こういった考えでもいいと思います。

自分の中でマイルールを決めておくのもいいですね。

やらなかった後悔より、
やった後悔のほうがいさぎいいものです。

 

迷う暇がないくらいすぐに実行する

決断力がにぶる時は迷ったときや自信がないとき。
ならば、迷い暇がないくらいすぐに実行するのもアリ。

次からつぎへと決断しなければいけない。
そんなときは迷っている時間は少ないです。

たくさん経験をつむ。
これならいける、という感覚がかんじられる。
そのぐらいになるといいですね。

 

周りを気にしない 自分が気にするほど他人はみていない

決断力がある人は周りの意見を取り入れつつ、自分の考えをもっています。

周りがマイナスのことばかり心配していたらどうでしょうか?

決断ににぶりが見え始めます。
すると、やっぱりやめておこうとプロジェクトをやめてしまう。

これでは業績もスキルもあがりません。

冒頭でお伝えした、リスクに過剰反応しない思考をもつこと。
これがあれば、周りにもふりまわされません。
すると決断力もあがります。

 

経験値をあげれば決断力もあがる

何事でもそうです。
経験をつめば力もついていきます。

誰もが最初はまようこともあります。
決断できず、成績が伸びずにいたりします。

まずは経験をつんだり、できる人のワザをぬすみましょう。

 

決断力がない人がもつ特徴

多くの商品の前で立ちすくむ男性

次に決断力がない人の特徴です。

とにかくリスクにおびえてしまいます。
そして、自分で決めることができない。
現状維持が最高だと思っている。

こんな思考だと、取り残されていくばかりです。

  • なんでも引き受けてしまう
  • 行動がおそい
  • 人のせいにすることが多い
  • 人の目をきにする

 

頼まれるとなんでも引き受けてしまう

何か頼まれると断れない。
引き受けてしまう。

やさしくてイイ印象です。
でも、すべてのことを引き受けていたらどうなるでしょうか。

断れないことはわかります。
しかし、断る決断力も必要です。

しかも、最近では残業はできなくなっています。
どんなできる人間でも、作業量が多いと時間が必要。

キャパを超えると残業になってしまいます。
仕事を家に持ち帰ることもあるでしょうが、
それはできる男のすることとはちょっとちがうかも。

 

なにかと行動がおそい

行動をおこすのが遅いと迷いや不安が積もります。

だからといってなんでもすぐに行動するのがいいものじゃありませんよね。

考えないとただの惰性です。
とりあえずやっとけばいい。
それと決断力はちがいます。

ただ、行動が遅いと余計なことを考えがち。
もしこうなったらどうしよう。
そんなマイナス要素ばかりが気になってしまいます。

心配性はひとつの特性ですが、
決断力をにぶらせます。

 

人のせいにすることが多い

できる男の決断力の裏にはリスクはつきもの。
失敗してしまったときの責任にも関係します。

決断したが失敗の方が多かった。
そんなときはいさぎよく非を認め、
改善策をすぐにうちだす。

できる男は次への行動力もあります。

ミスを人のせいにするなんてもってのほか。
ミスは誰にでもあります。
次回にいかせるような思考が必要です。

 

人の目をきにする

以前の私がそうでした。
人の目が気になる。
人に嫌われることを極端にきらう。

決断できない人の特徴ですよね。

当たり障りのない返事や行動。
特に結果をだせず、成果もうすい。
周りを気にするよりも自分を信じましょう。

 

決断力に必要な判断材料や情報収集をする

1人絶壁をのぼる男性

決断力は経験がおおきく作用します。

でも、誰もがはじめから経験値が高いわけじゃないですよね。
そんな時は日ごろから情報収集です。

決断に必要な判断材料や情報は常に気にしておきます。
アンテナをはるとはそういうことです。

どこにチャンスがあるかわからない。
いつ役にたつかわからない。

チャンスはいつくるかわからないので、
メモしておくことがチャンスを逃さないヒントになります。

 

目標を明確にしておく

日ごろから目標を決めておくと挑戦しやすくなります。

ただ思い切って決断する。
それよりも、決めた目標を達成するにはどうしたらいいか。

今までのままでいいや。
そんな考えだと、成長はしません。
逆に退化していきます。

大きな目標じゃなく、数か月で達成できる明確な目標を立てるといいですね。

 

決断力と判断力はちがう?

決断するためには、判断材料が必要です。

イエスかノーかの判断をする裏付けがひつようになります。
ただ単純にイエスばかりいっていられません。

その判断材料は実績や経験。
データが左右します。

判断して、決める。
決断力には判断できる能力も必要です。

 

決断力を高めて目標達成:まとめ

今の時代、決断できず変化を好まない人は良い未来は見えずらくなっています。

現状維持は簡単じゃない。
でも、決断力があれば人はかわります。

なかなか決断できず迷ってしまうときもあります。
そんな時は情報収集をして決めていきましょう。

決定力をもった男はできる男です。

© 2024 レオスペ