PR このブログではプロモーション広告を利用しています。

仕事術

転職は3年働くべき? 3社目までに自分にあった会社をみつけること

更新日:

このまま会社をつづけるべきか検討する男性

入社3年目に転職を考える人が多い。
その理由は、第二新卒最後の年だから。

第二新卒は多くの企業が求める人材です。

入社から3年継続したら、業務ができ教えることもできるレベル。
そして、会社の状態や自分に合う仕事なのかも判断できるようになります。

でも、3年間は1つの企業で勤めなきゃいけないことはありません。
「石の上にも3年」という言葉があります。

3年という期間は自分を見つめ直す良い時期です。
転職を考えているなら、あなたはどうしたいのか。

3年間はやめずに働くべきなのか見ていきましょう。

 

3年働くべき? 社会人3年目に転職者が多い事実

安い給料で働く電気工事士

社会人となって3年ははたらくべき。
よくこんなことを聞きます。

じゃあなぜ3年なんでしょうか?

1つの理由として。
3年目は新しい会社、職種に挑戦できる可能性がたかいから。

企業は第2新卒の人材をもとめています。

第2新卒者は新人教育、社内教育などがおわっています。
でも、前の会社にもそまりきっていない。
コストもかからず、扱いやすい人材。

第二新卒とは

高校や大学など、学校を卒業した後、就職をしてから、退職し就職活動をはじめる人。
海外留学で卒業や就職活動が遅れた人もいう。

国が調査する離職率にもあらわれています。

大卒、短大卒、高卒をみてみます。
1年から3年以内の離職率は、約30%~40%。

新規学卒者の離職状況:厚生労働省

3年はたらくべきと言うよりも、3年以内に自分の方向性をきめられるといいですね。

新卒入社して、入った会社が合わない。
やりたい仕事じゃなかった。
そういう方は転職を視野にいれて活動していくといいですね。

やりたくない仕事をつづけるのはストレスがたまりますから。
楽しいと思える仕事をみつけるのは難しいです。
でも、可能性はあります。

 

「石の上にも3年?」 なぜ3年間は働けといわれるのか

仕事をするサラリーマン

3年ははたらいたほうがいい。

よくいわれる中で、なぜ3年なんでしょうか?

「石の上にも3年」と、いうことわざがあります。

「石の上にも3年」とは?

冷たい石の上でも、3年間座り続ければあたたかくなることから、何事もしんぼうして続ければいつかは成し遂げられるという意味。

3年という期間は、3年間ではなく長い期間という意味。

3年という期間は一般的にいわれていることです。

入社してから、業務を自らできるようになるのにだいたい3年必要ということです。
継続が成功の元になるんだよってことですね。

継続についてはこちらの記事をどうぞ。
継続は力になる 成功の元は続けられる好きと楽しみが必要

 

入社してから3年間の状況は?

入社してからの流れはこちら。

  1. 業務をを覚える。
  2. 業務を遂行する。
  3. 覚えた業務を今度は後輩に教える。

他にも、1年目や2年目では気づかないこともあります。
逆に辛いと思えることが多い。

  • 仕事がたいへん。
  • やすみがない。
  • 給料がやすい。

学生から社会人になったことで大変だと思えることがおおくなります。

これが3年目になると、業務を自分でこなせるようになります。
また、後輩もできるので環境がかわります。
徐々に会社がどんなものなのか把握できるようになります。

どんな企業でもだいたいがこんな感じです。
人によって、企業によって3年という期間が変化します。

これが3年働くべきじゃないのかという意味です。

ただ、1年でも3年でも仕事が辛いという人が多い。
そんな人でも3年つづけるべきなんでしょうか。

 

1つの会社に3年いなければいけないことはない

「石の上にも3年」のように会社も3年続けたほうがいいのでしょうか。

とにかく3年は続けなければいけない。
3年続けたほうがいい。

どうしても3年いなければいけないことはないです。

でも、1年は最低でも働きたいです。
1年あれば業務の流れがだいたいわかりますよね。

数か月でしんどいからやめてしまうと、次の会社でも続かなくなるかも。

第二新卒の有利をつかってもよし。
2社、3社経験して自分に合う仕事をみつけるもよしです。

 

そもそも新卒入社で自分に合った仕事がみつかるか

新卒で入社する時、希望の企業をえらびしますよね。
そして、試験や面接をうけます。

なかなか希望どうりにはいかないことも多いです。

でも、この会社で働いてみたいという希望はあるはず。

例えば、望む会社にはいれたとします。
本当にやりたい仕事に出会う可能性はどうでしょうか?

  • こんなんじゃなかった。
  • つらくてやめたい。
  • 違う職種を仕事してみたい。

なかなか自分に向いている仕事にであえません。

私の場合は、運よく楽しいと思える会社にはいれたのは32歳の時でした。
深夜の現場でも、休みがなくても、監督としてとにかく現場を収めたかった。
ちょっと給料がすくなかったですけどね。

社会人12年目にして出会えた仕事でした。

 

自分に合った仕事は3社目までにみつける

本当にこの仕事でいいか考える3年目

転職の回数と成功率に関してのデータがあります。

新卒から企業に1社目に入社。
そして、2社目、3社目と転職した場合、成功率にはあまりかわりません。

でも、4社目からは成功率がさがっていきます。

ですから、学校を卒業してから、3社目まで。
それまでには自分にあった仕事を見つけるようにするといいですね。

参考図書:「転職に向いている人、転職してはいけない人」黒田真行

 

入社3年目は良い転職時期

新卒入社から3年目は良い転職時期です。

第二新卒といわれる時期は最後になる年。
業務もおぼえ、プロジェクトも成功させていると思います。

さらに後輩社員もはいってくるので、人を育てる能力も評価されます。

第二新卒が求められているのでチャンスですよね。

ただ、誰もが3年目には転職したほうがいいというわけじゃないです。
続けることで伸びていくこともありえます。
転職には体力をつかいますからね。

 

入社3年目までに転職するメリット・デメリット

終身雇用という言葉がなくなりつつある今。
転職をする方が増えています。

転職のメリット、デメリットについて見ていきましょう。

転職のメリット

  • 給料があがることがある。
  • 人間関係のリセットができる。
  • やりたい仕事をみつけられる。
  • 経験値があがる。

自分のやりたい仕事。
楽しい仕事と思える会社に挑戦できることがポイントです。

新しい会社は、今までのことがリセットされますから。

転職のデメリット

  • 給料がさがることがある。
  • 転職回数が多いと続かないと思われる。
  • 評価がまた0から始まる。
  • 転職活動にお金も時間も体力も必要。

前の会社のほうがよかった。

こうならないよう転職は慎重におこなうべきです。

 

会社をとりあえず3年働いた後の転職理由

私が新卒入社ではたらいた時、1年で転職しました。

退職理由はこちらです。

  • 休みがない。
  • 給料がやすい。

電気工事士として、現場にでていました。
休みは少ない時で2日。
振り替えもありませんでした。
それなのに給料がすくない。

きっかけは椎間板ヘルニアでしたが、退職しました。

そして、新卒ではないものの3年はたらいた会社がありました。

その会社の転職理由は職場環境をかえたかったから。
また、やりたい仕事がみつかったからです。

さらに、上司から独立するからついてきてくれるか、という話もありました。

次の仕事ではやっていて楽しいと思える職種につけました。

 

転職したい!今はたらいている会社の環境がつらい

転職理由も人それぞれです。

新しいことに挑戦したい。
給料が安いなど、色々あります。

そこで、どんなネガティブな理由があるのでしょうか。
見ていきましょう。

 

給料がひくい

給料について。
転職者の多くがこの悩みをもっています。

経済や株価はあがっているのに、支給額はあがりません。

給料がやすくてつらいなら、転職です。

 

仕事がたのしくない

仕事がたのしくなくなったら、毎朝苦痛です。

ただ流れに身をまかせて仕事している。

そんなストレス会社から楽しいと思えるような会社に転職です。

 

やりたいことに挑戦してみたい

これはポジティブな退職理由です。

自分のやってみたいことに挑戦したい。

やりたい仕事ができると思って入った会社。
入れたのは良いけど、思っていたのと違っていた。
よくある話ですよね。

でも会社にはいってしまったら仕方ないです。
やりたいことができるように戦略をねりましょう。

 

転職に失敗してしまう人の特徴

転職に失敗というとだいたい下記の通り。

  • 給料ダウン
  • スキル不足
  • 調査不足
  • 希望職種が不明確
  • とにかく会社をやめてしまう

給料がおちるのはまだいいです。
スキル不足で転職先の企業になじめなかったら相当勉強が必要。

1番いけないのが、もう辛いからとにかく辞めてしまう人。

確かにしんどくてもうやめたい気持ちはわかります。
私もそういう時期がありました。

でも、転職活動は会社につとめながらでもできます。
ほとんどの方がそうしています。

ですから、転職活動、退職準備をしつつ業務をこなしていきましょう。

 

会社をつづけることで解決することもある

会社をやめたい。
転職したい。
こう思っている人は、何か不満があって辞める場合がほとんど。

だから、すぐに転職活動をはじめようと、思っているならまずは自分自身を見つめ直します。

ほんとうに転職していいのか。
このまま辞めずにいてもいいのか。

 

部署異動で環境がかわった

職場環境がつらくてやめたい。
そんな方も多いはず。

仕事は好きだし、給料もそれほど悪くない。
でも、人間関係や働く環境がわるいとストレスになります。

この問題を解決するにはすぐに転職ではなく、職場環境の改善です。
大きな企業でしたら、異動をするのもアリです。

転職には大きなパワーをつかいますからね。

 

出世によってモチベーションをあげる

もう仕事がたのしくないし、給料もやすい。
会社をやめてしまいたい。
このようにモチベーションが底をついてしまったとき。

上げる方法は出世です。

出世は簡単じゃないですよね。
でも、出世すると給料はすこしあがるかもしれません。
部下ができてチームをもてるかもしれません。

役職がつけばモチベーションもあがります。

ただ、本当はモチベーションの高低うんぬんじゃなく、常に正常の精神でとりくめるといいんですけどね。

 

昇給によって働く意欲をあげる

出世とおなじようなかんじですけど、昇給です。

給料があがれば誰もがうれしいです。
仕事へのやる気もあがります。

ただ、日本は給料が大きくあがることはないですよね。

基本給の昇給よりも、各手当がもらえるといいですね。

 

私が経験した転職

私は転職を4回経験しています。

会社を辞めた理由は、ほとんどがやりたいことがあったから。

給料が少ないことへの不満はありました。
でも、それ以上にやってみたいことが多かったんです。

他の理由には、人間関係や企業統合など特殊なものもありました。

新卒入社の会社は1年でケガをして退社。
その後はブラジルへ。
帰国してまた働きはじめました。

第二新卒の3年目はブラジルにいたので、
意味がなかったんです。

でも、帰国後も普通に働いて自分のやってみたい仕事ができました。

これは本当にありがたかったと思っています。

 

入社3年目に1度自分をみつめなおす:まとめ

石の上にも3年の言葉のように、3年に1度は自分の状況や心境を見つめ直してみるといいですね。

  • その仕事が自分にあっているのか?
  • 会社の待遇はどうか?
  • ストレスをたくさん受けていないか。

自分の好きな仕事ができるのが1番です。
でも、なかなかそんな人はいません。

転職は簡単じゃないけど、
今では転職エージェントやサイトなど、転職しやすい環境です。

ストレスをかかえて辛いと思いながら働くより、楽しんで仕事ができたらいいですね。

 

© 2024 レオスペ