PR このブログではプロモーション広告を利用しています。

ライフスタイル

聞き上手な男子女子は仕事もできてモテる 誰でもなれる話の聞き方

更新日:

聞き上手は仕事もできてモテる

聞き上手な人と一緒にいると楽しい。
話も進んで色々話してしまう。

そんな聞き上手な人は周りにいますか?

初対面でも、仲のいい友達でも、聞き上手はモテます。
また、会社でも客先でも気に入られます。

人の話を聞ける人ってすごくメリット。
しかもそれほど多くないので、意識するだけで独り勝ちです。

相手をかえようとするより、自分を変えるほうが簡単ですからね。

今回は聞き上手になれる方法。
聞く力をつけると、人生が変わりますよ。

 

聞き上手になるとメリットたくさん

聞き上手の周りには人があつまってくる

聞き上手の人ってすごくモテてます。

聞き上手とは、話し相手の心を受け取る。
否定することなく、よりそって聞ける。

相手にとっては、話しやすく信頼できる人と思われます。
そしてついつい色んなことを話してしまう。

そんな聞き上手になると、どんなメリットがあるのでしょうか。
まずは聞き上手がすごいってことをお伝えします。

 

話が聞けると人があつまってくる

話が聞ける人ってなかなかいません。
ついつい自分のことを話してしまう。

人間だれもが自分のことを聞いてもらいたいんです。
だから、話を聞いてくれる人の周りには人が集まります。

人間は誰かに認められたいっていう欲が強い生き物。
だから自分を認めてほしいし、話も聞いてほしいんです。

人脈って人生では宝ですからね。
こちらから行かなくても寄ってきてくれるのはすごくありがたいですよね。

 

仕事ができる人は聞ける人

人の話が聞けるということは仕事もできるということ。

話を聞いて整理して相手に返します。

簡単なことのようで難しい。
まず人の話を理解しなければいけません。
そして、適切な答えを返す。

しかも相手をいたわるようにです。
なかなかできませんよね。

でもこれができれば仕事もうまくいきます。
上司や先輩から教えられたことを理解するのにも必要ですからね。

 

聞き上手は男女ともにもてる

話を聞いてくれる人ってモテます。

話を聞いてくれるだけで安心できます。
また、お互いの会話がもりあがります。

話を聞くということは、相手のことを真剣におもってくれているから。
親近感もわきますし、楽しいですよね。

これは男性、女性どちらも言えることです。
モテるためには、話をきけるようになることですね。

 

なぜ話を聞いてくれる人はモテるのか

ここで人生で重要な人からモテることについて。

話を聞くだけで異性、同性関係なしになぜもてるのか。

ちょっと深堀してみましょう。

  • 会話がたのしくなる
  • 安心する
  • まじめな人だとおもわれる

話が聞けるだけで、こんな人と一緒になたいなって思われるのが聞き上手です。

 

ただ聞くだけじゃだめ 相手を喜ばすこと

聞き上手になるためにはたた聞けばいいっていうものでもありません。

ただ単に相手の話をきくだけなら簡単です。
聞いて、へーとか、ふーんっていっていればいいから。

でも、これだと相手からは本当にきいてくれているのか不安になります。
逆に中途半端に話を聞く人は不信感ができてしまいます。

適切なあいづちや肯定。
意見も大事ですよ。

 

聞き上手な人はやさしいオーラができる

なんかもう見た感じだけでいい人っていますよね。
そういった方は大抵聞き上手です。

相手の心をくみとってくれるから、体のオーラからも感じられます。

たまにいますよね。
体からイイ人感がにじみ出ている人。

 

聞き上手の特徴 今日から聞き上手な人に

聞き上手のポイントをつかんでいる人

ここからはどうしたら聞き上手になれるのか。

聞き上手になる方法をお伝えします。

 

反論や否定をしない

聞き上手な人は、まず相手の話をじっくり聞きます。
話に対して反論したり、否定はしません。

とにかく、まずは相手の話を聞くことです。

聞いてから相手が何を求めているのかを理解します。

  • ただ聞いてほしいだけなのか。
  • 話を聞いたうえで助言をもとめているのか。

こういったことが自然とできるといいですね。

 

自分のことを話さない

人って会話中に次は何を話そうか考えてしまいます。

誰かがしゃべっているとします。
でも、次はこんなん話したら面白いとか考えてしまう。

最初に相手の話を聞けたとします。
でも、次に自分のことを話してしまったら?

相手はあれ?ってなっちゃいますよね。

自分に置き換えることも控えたほうがいいです。

 

相手の気持ちを考える

相手の話を聞いて、気持ちも考えて上げられるとパーフェクト。

でも、そんなことなかなか難しいですよね。

話を聞いて、
「あーこのひとはこう考えているんだな。」
ってなかなか思いません。

自然に相手の心をくみとれるようになるといいですね。

 

相づちが自然

会話の中のあいづちって重要。

へぇとか、うんうんとかいろいろあります。

このあいづちが、
「へー」とか「ふーん」とか、中身のない返事だったら相手はどうでしょう。

こいつ聞いてないなってなります。

自然にできる相づち。
そして、話のリピートが聞いてくれている安心感へとつながります。

 

聞き上手になるにはこれだけでも意識すること

聞き上手になるためにまずは下記もものだけでも意識しましょう。

  • とにかく相手の話をきくこと
  • あいづちと返事は意識する
  • 同じことを繰り返して認識確認

大前提として、とにかく相手の話はきくこと。
自分のことは置いておいて、相づちをする。

そして、共感を与えて相手を安心させてあげましょう。

では逆にやってはいけない事を見ていきます。

 

嫌われる聞き方話し方

話を聞かない人はきらわれる

ついついやってしまっている嫌われる聞き方話し方。
話が聞けない人は嫌われてしまいます。

人も寄ってきてくれません。
評価もさがってしまいます。

そんなやってはいけない聞き方です。

 

次に何を話そうか考えている 話を聞いてない

話を聞いてあいづちをうつ。
でも、その裏では次はなにを話そうかかんがえている。

これだと聞いていることにはなりません。

面白い話をいってもりあげようとか、そういうのじゃないんです。

相手は聞いてほしい。
こちらはそれに答えることです。

 

相手のはなしをさえぎる 話の内容を変えてしまう

相手が話をしている最中に、こちらから話すのは控えましょう。

誰でもそうですよね。
話をしている最中に、
「いや、それはこうだと思うよ。」
とか、
「へぇそうなんだ。でもこうなんじゃないの?」
って話を切られたら、もう話す気がなくなってしまいます。

また、
「話は変わるけど、・・・。」
というように相手の話を変えてしまうのもよくないです。

 

相手を見下した話方をする 否定や反論をする

聞き上手は否定や反論はしません。
上手に聞いて返してあげる。

上から目線で話はしません。

相手の心を下からすくってあげることです。
これで助けてあげられるんです。

 

自分の話ばかりする 私はこうだった

まず話を聞くところまではいいです。

その次に、否定のように自分の話で返すのはやめましょう。

「私の場合はこうだったから、あなたもそうしなさい。」
ではなく、参考程度に話すことです。

 

イラつかせるあいづちをする

会話でのあいづちってとても大切です。
でも、うそ、おおげさはイラつかせる原因に。

「えー!!!!そうなんっすか!」
って、わざとらしく大げさな相づちも嫌ですよね。

「へー。」
「ふーん。」
のように興味がないような返事もやめたいですね。

 

聞く態度ができていない

これも重要なものです。
聞く態度。

相手が一生懸命話をしているのに、相手の方も見ずにいる。
スマホみていたり、周りが気になってちらちら見ている。

聞く態度も注意しないと、話す気もなくなってしまいます。

 

聞き上手になると人生が好転する:まとめ

聞き上手になるだけで、仕事もパートナーともうまくいきます。

私は現場監督兼、営業もやっていました。
営業専門ではありません。
でも、お客さんとのやりとりはとても大事です。

現場はお客さんがいます。
勝手に作業もはじめられません。
仕事をもらうにしても話ができなければなんにもはじまりません。

相手の話をまず聞く。
このことを意識するだけで、色んなことが回っていきます。

人生も好転していきますよ。

© 2024 レオスペ