PR このブログではプロモーション広告を利用しています。

ライフスタイル

働く意味がわからない方へ 人が仕事をするたった1つの理由

投稿日:

働く意味がわからない社員

働く意味がわからない。
毎日同じことの繰り返し。

働くことに疲れてしまった時。
何のために仕事をしているのかわからなくなります。

そんな時は1度やすむのもいいです。
でも、それだと立ち上がれなくなることも。

働くということは、誰かのために仕事をするということ。

これが極論なんです。

でも、ほとんどの人が知りません。

人のために働くということを知ると人生が変わります。

では、詳しくお伝えしていきます。

 

働く意味がわからない日本人が増えている

毎日同じことの繰り返しで疲れている

最近、働く意味が分からない人が増えています。

仕事をするのは、生活するためですか?
夢をかなえるためですか?

人それぞれ働く理由があると思います。

でも、その働く意味がわからなくなっています。

 

なぜ働く意味がわからくなっているのか

毎日、自宅と会社の往復。
面白くない仕事。
同じことの繰り返し。

がんばって働いてもむくわれないし。
給料だって増えない。
働く意味なんてない。

働く意味がわからなくなっている原因は幸福度にあります。

日本は今、なんでも手に入ります。
以前は手に入りずらい環境でした。

そこで頑張って仕事してお金をためて、ほしいものを手に入れていました。

  • 欲しい車を買う。
  • おいしい外食をする。
  • いいものを身に着ける。

こういったことを達成して幸せだと感じていました。

それが現代ではうすれています。

お金よりも、違うところで幸せを感じたい。
働いてお金をもらって、それをつかう。

それじゃあもう幸福度を感じられるまでにはいかなくなってしまった。

 

働く意味がうすれている日本

働いてお金をもらって楽しいことをする。
今はそんな時代じゃないですよね。

それよりも幸せを感じたいんです。

今は色んな情報がすぐにてにはいります。
ちょっと疑問に思ったらすぐにスマホで検索できます。

ほしいものもネットショップですぐ見れます。
動画なんてやりたいことをすべて変わりに見せてくれます。

それだけで満足してしまう。
最終、ほしい物をどうしても買いたい欲望はなくなります。

それよりも違うことで満足したくなります。

それがSNSでの人気や注目。
フォロワーリツイートなどですね。

お金なんていりません。
働く意味がすこしうすれてきています。

次にはたらく意味を具体的に見ていきます。

 

よく言われている働く5つの意味

グループでプロジェクトを成功させていく人達

ほとんどの方が働く意味を持っていると思います。
今の時代はまだ、人は働かないといきていけないですからね。

よく聞く働く理由はこちら。

  1. 生活するために必要なお金のため
  2. 人生を楽しむため
  3. 社会貢献
  4. 将来のために貯蓄をするため
  5. 自分の能力向上をさせるため

人が生きるためには働かないといけません。
住む場所や食べるものが必要です。

でもそれだけじゃもう幸せを感じられない。
日本はモノにあるれていますから。

人生をたのしむためにお金が必要?
車、服、靴、カバン、時計、旅行。
欲しいものはたくさんあります。

でも、そんなに高いものいらないし、そもそも買えない。
最低限、生活できたらいいという方も増えています。

社会貢献なんて、自分がたいへんなのにそんな余裕ないですよね。

自分の能力をあげたいのも、毎日同じことの繰り返しではできません。
時間を束縛されている以上、好きなことはやりにくいですからね。

 

働く意味がないとつらいだけ

毎日同じ電車にゆられて同じことの繰り返しでつらいだけ

働く意味をしっかり持っている人はいいです。

でも、なんで働いているのかわからないという人。
もうそれは苦痛でしかたない。

時間を拘束されてつらいだけです。

だからやっぱり働く意味をもったほうがまだマシです。

 

働く意味は変化していく

今は働く意味がわからないかもしれません。

でも、働く意味が分かっている人。
仕事にやりがいを持っている人は楽しんでいます。

ただ、みんなが社会人1年目からずっと仕事にやりがいを持った人なんていません。

どこかで辛いと感じたことはあるはずです。

ここで重要なのは、働く意味は変化していくこと。

働き始めたころは何もわかりません。
当然、見習い、下っ端で給料もやすいので面白くないですよね。

でもそれが変化していくんです。

 

働き始めると働く意味がかわる

働く意味がわからない。

そんな時は働いてみるとわかることもあります。

  • 仕事をやりとげた達成感。
  • 給料をもらった時。
  • 仕事をおぼえていくとき。

働く前ではわからなかったことが見えてきます。

すると、働くってこういうことなのかって感じることがあります。

 

時代や立場で働く意味がかわる

新入社員の時代は1番下です。
仕事のやりかたもわかりません。

それが時間と共に変化していきます。
仕事をおぼえ、立場も上がっていきます。

時がたてば、新入社員がはいってきます。
立場も給料もあがって、ちょっとできる人を感じる。
仕事ってこういうことなんだってわかってきます。

それまで使われることしかなかったのが、今度は自分の力、考えですすめていけるようになります。

 

働く意味 仕事は自分のためじゃなく人のため

人のために働いて人生がかわった人

働くのは人をしあわせにするものだと思っています。

会社に自分の時間と力を提供。
そのかわり給料などをもらいます。
それで人生をたのしく生活していく。

これが普通の考え方です。

でも、働く意味を人のためだと考えてみてください。

自分ではなく人をしあわせにするために働く。

  • 妻や子供たち、彼女や彼氏のため。
  • 会社の上司や同僚のため。
  • 日本のため。
  • 世界の人達がしあわせになるため。

この思考をもっただけで、人生はかわります。
本当の働く意味がわかると、もう賢者モードです。

しあわせは自分だけじゃなく、周りもしあわせにしてこそ本当の幸福です。

人生はつまらないより楽しいほうがいいですからね。

詳しく知る
毎日会社と家を往復する男性
人生がつまらない? 楽しくする方法を知ればで今日から変われる

人生つまらない。 楽しくない。 毎日がたいくつだと悩んでいるなら、変えていく方法をお伝えします。 人生を変えるのはあなた次第。 楽しくいきなきゃつらい時間が続くだけです。 思い切って変えていくしかあり ...

続きを見る

© 2024 レオスペ