このブログではプロモーション広告を利用しています。

恋愛

【恐怖】切手のない手紙がアパートに届いた ストーカーは大好きな証拠?

更新日:

ストーカー行為をうける女性

切手の貼っていない手紙が届いたことがあります。
これどういう意味か分かりますか?

ストーカーまでは行きませんでしたけど、そういう女性がいたんです。
たいていこういう時って男側がわるいんですけどね。

切手のないおくりものっていう題名の歌がたくさんあります。
そんな感動の歌詞ではなく、ふるえる話です。

1人暮らしのアパートの郵便ポストに手紙がはいっていた話。

 

【恐怖】1人暮らしのアパートに切手のない手紙が届く

切手のない手紙がアパートに届く

当時、仕事現場近くのレオパレスに一時住んでいました。
現場が深夜作業だから、近い場所にと会社が取ってくれました。

その日は休みの日でした。
都内の友達とは距離があるので、前日はアパートで一人飲み。
朝は遅くに起きて、PCさわりながらゆっくりしていました。

すると、部屋の玄関扉についているポストに音が。
トンっと何かが入った様子。

3ヶ月間だけのアパートなので、手紙がとどくはずはないんです。
何か勧誘のちらしかと思いました。

ポストをみておどろき。
白い封筒がはいっていました。
あけて中をみると、最近知り合った女性からでした。

なにがおどろいたかって、封筒に切手が貼っていない。
郵便局が切手のない手紙をおくるわけないですよね。

そう、本人が直接アパートまで来て、いれていったんです。
すぐに物音立てないように部屋にもどりました。

住んでいたアパートの部屋は1階。
すぐに窓をしめておびえました。

 

話し合いをしてきっぱりおことわりと合意

話し合いをする男女

手紙の内容はお付き合いしたいとのことでした。

でも、私はその気はありませんでした。
しかも、まだ出合ったばかり。

ちゃんと二人で会って、きっぱりお断りしました。
相手の方も、わかった、と合意してくれました。

それで終わったと思っていました。
でも、そんなことなかったんです。

 

【罠】SNSに知らない女性から申請が

当時、暇な時にSNSでゲームをやっていました。
GREEとか、モバゲーとかです。
懐かしい。

ゲームするためだけのアカウントでした。
今のようなスマホアプリのクオリティはありません。
だから、放置していました。

その時なぜか久しぶりにそのSNSを開いたんです。

すると、知らない女性から友達申請がきていました。
特に相手のプロフをみるわけでもなく、どうでもいいアカウントだったので、許可しました。

すると、SNSの方ではなく、LINEにメッセージが。
「なに女の申請に期待してんだよ!」

え・・・

もう怖すぎて思考停止。
SNSの方はゲーム用なので、だれも知りません。
友達もゲームのアイテム用で特にかかわりなし。
プロフは一応本当のことをかいてありました。

だから、見つけられたんだと思います。

LINEへの返信は、ゲームアカウントだからただ申請に反応しただけと。

 

すべての連絡をブロックして引っ越し

ストーカーからの連絡をすべてきる

その後も直電やLINEに連絡がありました。

でも、つきまとわれたわけでもありません。

ただ、住所がばれている。
アパートの近くに住んでいる。

それだけで、アパートに帰りたくなくなりました。

なんだかストーカーされている人の気持ちが少しわかった気がします。

そして、現場も何事もなく受け渡しがおわりました。
相手の女性にも、もう連絡しないと伝え、ブロック。
アパートもすぐに引っ越しました。

 

半ストーカーをされた経緯

その女性とは友達の飲み会で知り合いました。
偶然住んでいる場所が近かったんです。

飲み会のあとも連絡先を交換して会いました。
知らない土地に引っ越したばかりだったので、観光がてら案内してくれました。

でも、私は引っ越すことが分かっていたし、現場管理も忙しかったので、それほど気になる人にはなりませんでした。

ただ、飲み友達になってしまい、飲みにいくようになりました。
飲み友達以上のものはなく、楽しく飲む仲間です。

でも、ある日のこと。
飲みすぎてかなりよってしまい、その方は私のアパートまできました。
そして、あまり記憶がないまま泊まっていったんです。

私はその気はなかったので、その後も友達として接していました。
たまに飲みにいったりもしていました。

すると、部屋のポストに切手のない手紙がとどいたんです。

 

ストーカーは大好きな証拠?

今回のことはストーカーと呼ばれるものじゃありません。

でも、家にきたり、SNSでからんできたり、電話やLINEもたくさんありました。
共通の友達にもいろいろ言っていたようです。
なぜか完全に私のほうが悪者でした。

でも、ストーカーって大好きな証拠じゃないかと。

昔は好きな人に会える時間を期待して待ってたりすることあったと思います。

好きな人に電話やメールもします。

好きな人を見るためだけに、バスの時間あわせたり。

つきまとう行為じゃないけど、近いものがあります。
だから、ストーカーって好きすぎてどうしようもない。
好きすぎてそうしたらいいかわからない。
そんな人が迷いくるって、つきまとってしまうかと。

まあ、色んな人がいるので怖いですけど。

 

ストーカー規制法で自分をまもる

現代において、あまりにもストーカーによる被害が多いので、ストーカー規制法があります。

この法律ができたのは、2000年。
ストーカー殺人事件から立法されています。

でも、できたばかりの時はSNSとかLINEとかありません。
しかも罰則も軽くて、それほど警察もかまってくれませんでした。

そこで、ストーカーによる殺人がありました。
2017年には改正されて、LINEやSNSをつきまとい行為に。

殺人事件が増える中、警察もはなしを聞いてくれるようになりました。

ストーカー規制法の詳しい内容はこちら。
ストーカー規制法 警視庁

 

ストーカーにはまず警察に相談

ストーカーを警察に相談

ストーカーに色んな行為をやめてほしいと伝えてもやめてくれないことがほとんどです。

だから、手紙やメール、SNSなど、つきまとい行為が続くなら警察に相談です。

警察の対応は、まずストーカーに警告します。
それでも治まらない時は、禁止命令がだされます。

殺人事件も増えているので、警察も相談にのってくれます。

また、ストーカーをもう捕まえたい時は告訴もできます。
告訴しないと裁判にかけることができません。

刑罰は、6か月以下の懲役または、50万円以下の罰金。
相手との距離ができたら、すぐに引っこしたいですね。

 

ストーカー行為はすべて保存しておくこと

ストーカー被害にあったら、証拠はすべて残しておきましょう。

警察に行くにしろ、弁護士に相談するにしろ、証拠は必要です。

もし、ストーカー行為が発展した場合、すぐに警察がうごいてくれます。
また、損害賠償も請求できるので証拠は必要です。

メールや電話履歴、会話録音など。
取れるものはとっておきましょう。

 

ストーカー行為に怖いと思ったらすぐに行動:まとめ

ストーカーはどんな状況でできてしまうかわかりません。

元カレや元カノ。
会社の同僚や友達。

なんだかきもちわるいなって感じたら、すぐに行動です。

まずは話し合いたいです。
でも、それすらできなかったり怖いときは警察へ。
弁護士も慰謝料や示談金の支払いの相談にのってくれます。

大きな事件に発展する前に解決したいですよね。

© 2024 レオスペ