PR このブログではプロモーション広告を利用しています。

仕事術

【実体験】スキルアップに派遣会社の選択も メリットとデメリット

更新日:

スキルアップやキャリアアップに派遣の選択もあり

スキルアップしたい。
やりたいことを仕事したい。

誰もが思っていることです。
だけど、なかなか難しいですよね。
結局、今の会社に落ち着いてしまっている。

自分の会社がブラックだと知らない方も多いんです。
私も後からブラック企業だと気づいた経験があります。

ブラック企業に就職した話はこちら

新しい職を始めるには、経験とスキルがほしいです。
そこで、派遣の経験もある私がスキルアップできた派遣のメリットをお伝えします。

  • 派遣社員6年経験
  • 派遣先2社(内4部門派遣)
  • 参加プロジェクト多数
  • 仕事内容(試験評価~設計まで)

正社員だけが正義ではありません。
派遣でもメリットいっぱい。

 

派遣会社のメリット 自由に働きながらスキルアップ

派遣のメリットは多数 キャリアアップは自分次第

派遣社員のメリットをご紹介します。

派遣期間中に実際に感じたことをお伝えします。
プロジェクトは多数参加しています。
試験評価から設計までを未経験からスキルアップしていきました。

 

経験とスキルアップができる

派遣は色んな職種、会社を選択できます。
ただ、それなりに自分の経験とスキルは必要になります。

でも、未経験からできるプロジェクトもあります。

例えば、未経験で機器メーカーに派遣された場合。

  1. 機器の試験員として技術部に派遣
  2. 新規プロジェクトが成功し終了(信頼の獲得)
  3. CADによる図面設計と試験を継続(スキルアップ)
  4. スキルアップによる派遣先の変更(給料アップ)

実際の経験によるものです。
未経験から派遣されました。
派遣にいた時が1番スキルアップできました。

いろんな経験ができます。
また、派遣先も小さな会社から大企業まで。
正社員では入れそうにない会社でも経験できます。

 

比較的自由度が高い

自由な時間でストレス解消や勉強できる

正社員は会社の決定には絶対です。
部署も仕事内容も会社によってきめられます。

でも、派遣では比較的自由です。
自分の希望を伝えると、それにあった会社を紹介してくれます。

例えば、自由な時間が欲しい場合の希望は。

  • 勤務時間
  • 勤務地

残業したくなかったら、残業不可で契約できます。
また、通勤時間や手段の選び方として、勤務地の条件もきいてくれます。

自分の時間や子育て中でも働きやすい会社の希望がだせます。

他にも職務内容も契約してくれます。

機器メーカーに派遣された場合。
機器試験員として契約します。
すると、それ以外の作業はできません。

突然、現場のライン作業をさせられることもありません。

 

契約期間が決まっている

同じ派遣先との契約は3年までとなっています。
その中でも、3ヶ月~6か月で契約の更新があります。

派遣されたけど、

  • 自分に合わない職種だった
  • 人間関係がだめ
  • 仕事をやめたい

となっても、

「次の契約はしません。」
と、こちらからいうこともできます。

正社員で入社してしまうと、会社の決定は絶対です。
不服をもうしあげても、なかなか通らないことが多い。

同じ職場に長くいたい人は正社員ですね。

 

いろんな職の選択ができる

未経験だった設計の仕事ができる

比較的自由度がたかいとお伝えしました。

職種にも同じことが言えます。

  • 事務職
  • 通訳・翻訳
  • 製造・物流
  • 研究・開発
  • IT・エンジニア
  • 販売・接客
  • 営業
  • 保育・介護
  • 金融関係
  • 医療関係

主な職種です。

色んな職種があります。
だから、やってみたいなと思う職ありませんか?

仕事なんてしたくないと思う方もいるかもしれません。
でも、仕事しないと生きていけません。

どうせ働かなきゃいけない。
だったら、自分が楽しいと思える仕事がいいですよね。

 

紹介予定派遣で正社員になれる

派遣社員は契約を切られれば、すぐにやめなければいけません。
だから、不安と思う方もいます。

また、できれば正社員で働きたいけど、就職できなかった。
やりたい仕事があるけど、自分の学歴とスキルじゃ難しい。

そんなときは紹介予定派遣です。

紹介予定派遣とは?

派遣期間が終わったあと、派遣先と本人の合意のもと正社員として働ける。

紹介予定派遣は、正社員を前提にはたらくことができます。
まず、派遣としてはたらきます。

  • 職務内容
  • 職場環境
  • 社員さん

これらをみることができます。

転職活動をしなくても、正社員になれます。
しかも、前もって職場を経験できるなんて、大きなメリットです。

 

未経験でもはじめられる

派遣は未経験でもできます。

ただ、やっぱり派遣先企業は限られてきます。
スキルや職歴などから、判断されます。

でも、派遣先企業は未経験を知っています。
未経験を前提に面接してくれるので、こちらも安心です。

私も機器メーカーでの仕事は初めてでした。
もちろん技術部も未経験です。

でも、試験をいきなり一人でやるわけじゃありません。
正社員のもとでやります。

ですから、できることがどんどん増えてきます。
そして、やりたかったCADによる図面設計までたどり着きました。

 

派遣会社が相談や契約をやってくれる

担当者と面談をして希望の職種につく

派遣元には担当者がついてくれます。

派遣先企業との契約や紹介など、ほとんどやってくれます。

自分が派遣先と定期的に面接なんてしません。
報酬額や職務内容の契約の見直しなんてしません。

担当者の方がやってくれるので、交渉が苦手でも問題なし。

また、悩みも職場の上司ではなく、派遣元の担当者に相談することもできます。
職場だと、うわさが広がったり、言いにくいことも多いですよね。

 

入社しやすい 派遣されやすい

派遣先企業は人員が足りていない場合、即戦力を求めています。
さらに安く雇用できるなら、派遣で十分。

正社員だと、いろんな教育や経費も増えてしまう。
コスパがいいのが派遣です。

ですから、意外と求められているのが派遣社員です。

私の場合、派遣会社へは友達から紹介してもらいました。

派遣会社へ連絡すると、すぐに面談したいので日にちと時間決めました。
後日、履歴書をつくって面談へ。

面談では、派遣元の社員が履歴書を確認しながら、

  • スキルチェック
  • 希望職務内容
  • 希望勤務地
  • 働き始める日

これらを話して、すぐに終わってしまいました。

後日、電話で自分の条件にあった派遣先企業を紹介されました。
そして、企業との面接にいくことになります。
一応はやめに集合して、派遣先企業のはなしをしました。

この時は残念ながら、見合わせになりました。
でも、1週間後ぐらいに次の派遣先を紹介されました。
また、企業の情報がないまま、面接へ。

そこは電気の機器メーカーでした。
自分には一応電気の知識があります。
新規プロジェクトの内容が把握でき採用となりました。

でも、派遣会社や派遣先しだいでは、かるい顔合わせだけで決定されることも多くあります。

例えば製造業の場合。
特に特別なスキルが必要なければ、すぐに派遣が決まってしまいます。

バイトよりも給料は高いです。
福利厚生や社会保険にもはいれます。

フリーターよりも派遣社員のほうがメリットは大きいですね。

 

能力が高いと給料も高い

どんな企業でもそうです。
能力が高ければ給料も高い。

派遣会社によっては、資格手当がもらえるところがあります。
私の場合、資格手当が2つももらえていました。

でも、資格手当ばかりじゃないんです。

特別なスキルや、向上心があればいいんです。
派遣元と派遣先企業では、定期的に契約の見直しをします。

派遣期間や報酬額をきめます。
私の場合、最初はPCでの図面を書くことができませんでした。
未経験なのであたりまえですよね。

そこで、同じ派遣社員の方にCADを教えてもらいました。
また、自分でも本を買って勉強しました。

すると、次の派遣先は試験員ではありません。
CADオペレーターとしてキャリアアップです。

またその次はオペだけじゃなく、設計までやらせてもらえるようになりました。
自分で考えて書いた図面が現場で製品になります。

この時は、派遣先からの支払いも増えたと聞きました。

 

有給休暇がある

派遣は有給がない。
そんなことはありません。

ちゃんと派遣社員も有給休暇があります。

日数や発生日などは会社によります。

 

交通費やボーナスがある

これも派遣会社によります。

交通費やボーナスなどの手当てです。

資格手当もでるとお伝えしました。
それ以外でも、

  • 交通費
  • ボーナス
  • 皆勤手当て
  • 資格手当

こういった手当がつく会社もあります。

私の場合は、はじめは年俸制でした。
年収を12か月でわって、月々もらう方法です。

でも、2年ぐらいたった時に月給制にしてもらいました。
すると、年収も上がり、ボーナスもでるように。

20代のころはこんなにもらっていいのかと思うくらいでした。
でも、派遣先企業からの自分への支払い額を聞いた時は唖然としました。
給料の倍以上だったんです。

 

人間関係が正社員より断然楽

正社員で入社した場合。
上司や同僚など、色んな人間と関わります。

もし、自分と合わない人がいたらどうですか?

派遣社員ならもし合わないなら契約を切ることができます。

また、派遣と割り切ってしまうと。

  • 飲み会を断りやすい
  • 残業しなくていい
  • 全社員への会議にもでなくていい
  • 企業の労働組合に入らなくていい
  • 企業の保険勧誘もされない
  • 会社の株を買えなんていわれない

経験からですが、こういったことがありません。

でも、私は飲み会がすきだったので、いつも参加していました。
そのほうが正社員さんと仲良くなれます。

 

派遣社員のデメリット 派遣元会社はしんちょうに選ぶ

派遣社員のデメリットは派遣元会社によるものが大きい

メリットもあれば、デメリットもあります。

派遣社員はなりやすいぶん、デメリットも深いかもしれません。
特に派遣元会社はたくさんあります。
選択はしんちょうに。

 

派遣期間が決まっている

メリットでもあり、デメリットでもある派遣期間。

自分にあった職場でも、契約期間を迎えたら派遣先がかわります。

いまのところ、契約期間は3年が上限です。
同じ職場にはそれ以上はいられません。

長く働きたいなら、正社員になることですね。

私が派遣されていた企業でのことです。
派遣社員の方に任せてある職務がありました。
でも、契約期間の3年が来ました。
その方は企業に必要とされていたので、正社員になりました。

こういったケースもあるので、デメリットばかりではないですね。

 

雇用の安定がない

派遣社員は不安定です。

契約期間があるし、定期的に契約の見直しもあります。
使えないとなってしまうと、次の契約時に解消されてしまいます。

逆にすごいスキルがあるとします。
でも、派遣先企業の業績が悪化した場合。
最初に経費削減になるのが派遣社員です。

私が前に派遣されていた部署で業績悪化がありました。
その部署はすべての派遣社員を契約終了。

でも、私だけは別の部署へ異動となりました。
派遣なのに部署異動って不思議です。

その後、その派遣先企業は全社の派遣社員契約を解除していました。
業績悪化ってこわいですよね。
でも、正社員でさえリストラの対象です。

どんな雇用体系でも、リストラのことを考えておきたいです。
スキルアップはしておくべきですね。

 

正社員とは違った待遇となる

派遣会社によります。
正社員とくらべると、給料やボーナスが低い。
また、手当も少ない。
福利厚生もないところが多いです。

また、教育の面でも正社員は違います。
講習を受けたり、上司や先輩からの指導の質がちがいます。
正社員を育てないとだめですからね。

派遣は仕事での評価があがっても、正社員じゃありません。
高評価が給料としてかえされるわけじゃないんです。

でも、スキルアップや評価をあげていったらどうなるでしょうか。
再契約の時に報酬額をあげることができます。

 

即戦力がいる スキル不足だとすぐに解約

派遣は即戦力です。

企業としては入ったその日から、ばりばり働いてもらいたい。
でも、悪く言えば使えない人間ならすぐに解雇したい。
派遣社員はとてもコスパに優れています。

スキルがあれば必要とされる。
なければ契約解除。
ちょっと残酷ですけどそういうことです。

以前働いていた部署に派遣の方がはいられました。
40代ぐらいの男性です。
CADオペレーターとして、図面を書く仕事を任されていました。

でも、あきらかにスキル不足。
できないことが多く、仕事量もへっていきました。
当然、契約の延長はなく、3ヶ月で解除。

その派遣社員の方ができるといったのか。
派遣元の担当者が無理やりねじ込んだのか。

どちらにしても、仕事ができないと契約解除になります。

 

派遣先の経営状態で解約される

すでに雇用の安定がないのところでお伝えしました。

でも、こういうことが多いのでもう一度。

派遣先企業の経営状態をうけるのが派遣です。

業績が悪化すれば、いろんなところの見直しが必要です。
まず最初にきられるのが派遣社員。

ですから、いつ解約されても次にいけるスキルが欲しいですね。

 

同じ年代でも正社員の同期ではない

これは私が感じたことです。

グループで4,000人以上いる大きな企業へ派遣されたとき。

その企業の新入社員はその年60名ほどいました。
大学院ならば同年代です。

新入社員は社員教育から一緒なので、みんな仲がいいんです。
私も同じ時期に派遣されました。
でも、同期じゃないんです。

正社員の同期での話や集まりにも行けません。
ちょっと寂しく感じたときでした。

 

世間では派遣社員は良いイメージがない

派遣社員は不安定。
契約期限つき。
世間では良いイメージを持っていない人もいます。

しかし、終身雇用が限界と言われている今。
リストラの1番は派遣ですが、
派遣も正社員もそれほどかわりないかと。

私は結婚を期に派遣をやめました。
契約の破棄と共に、婚約の破棄もされてしまったけど。

でも、派遣社員期間はやりたいことができたし、スキルも大きく上がりました。
今でも、派遣先企業の方とは帰国すれば飲みに行ったり、連絡をとったりしています。

向上心を忘れない事ですね。

 

派遣元担当者によって内容や給料がかわる

派遣社員は派遣元の担当者がつきます。

その担当者が派遣先企業や派遣者のマネジメントをする感じです。
営業ですので、派遣先企業にも足を運びます。

そして、契約期間や報酬の話もとうぜんします。

ですから、担当者しだいなところがあります。

例えば乱暴な担当者だと

  • スキル不足なのに無理やり派遣する
  • 職務内容の希望をきくだけ
  • 派遣してしまえばあとはしらない
  • 契約内容が違う

こういった無茶苦茶なことがおきます。

先ほどのスキル不足で解除された方の話でもそうです。
結局担当者がむりやり派遣させてしまったんです。
企業はほしい人材が明確です。

でも、派遣元はスキル不足でも契約しないとお金はもらえません。
どんな会社の上司や先輩でもそうですが、運的な要素なのでなんともならないことが多いですけどね。

 

派遣社員を経験してわかったこと

実際に派遣社員を経験すると大企業にも入れる

派遣社員を実際に経験したことをお伝えします。

私が派遣になったのが、派遣会社が乱立された時。
たくさんの派遣会社がありました。
そして、吸収合併もたくさんありました。

私の所属した会社も名前が4回も変わりました。
上司や同僚はかわらないのに。

でも、待遇はいいほうでした。
派遣元での社員教育もありました。
資格や通勤などの手当てもありました。
保険や会議もありました。

さらに、寮費補助としてアパート家賃も安く入れました。
他にも引っ越し費用、家族手当、退職金など。

担当者の方もできる人でした。
派遣先も派遣元もめぐまれていました。

ただ、派遣先ではスキルアップを常に考えていました。
そして、いつかは正社員としてキャリアアップすると。

派遣先は、当時、私の学歴や経験、スキルからみれば、入れない企業ばかりでした。
しかも会社の中枢、技術部への派遣です。

試験補助から、試作機の組み立て。
そして、試験からプロジェクトへの参加。
さらにCADオペレーターから機械設計まで。

たくさんのことを学び、スキルアップできました。
やりたかった仕事の設計までいけました。

もし、やりたい仕事や転職したいと思ったら派遣も視野にいれてみてください。

大変な転職活動もそれほど不要です。

 

派遣会社によってスキルアップも給料も違う

現場職での派遣社員

スキルアップや給料アップも派遣会社によって全然違ってきます。

  • 交通費などの手当てがでない
  • ボーナスがない
  • 担当者がわるい

今では派遣会社が吸収合併して、質の悪い会社も減りました。
それでも、まだ会社によっては悪いとこもあります。

職種に関してです。
最近は総合的な派遣会社が多いです。
でも、会社によっては職種が異なります。

  • Web・IT系
  • 事務系
  • エンジニア系
  • 保育士
  • 看護師

もっと職種はあります。
やりたい職種によって派遣元会社を選びましょう。

派遣で働きたいとおもったら、派遣会社はしっかり選ぶといいですね。

 

オススメできる派遣会社 無料で登録

派遣契約が成立した企業と派遣社員

派遣会社はたくさんあります。
さらに、職種に特化している会社もあります。
ですから、まずはやりたい職種や待遇を調べます。

そのためには、まず無料登録をします。
次に派遣会社へ予約をして面談をします。

面談で希望の勤務地や職種などを決めます。
すぐに派遣先の企業を紹介してくれることもあります。

 

まとめ:派遣は派遣元とスキルと担当者しだい

派遣のメリット、デメリットはいかがでしたか。

派遣社員は、

  • 自由度が高い
  • スキルアップ
  • キャリアアップ
  • 仕事をえらべる
  • 未経験でもいける
  • バイトからの卒業

メリットは多くあります。

ただ、派遣会社と担当者しだいというところもお忘れなく。

派遣をスキルアップの手段のひとつとして働くのもアリです。

最終目標を正社員とするのがオススメです。
また、派遣契約を切られても問題ないスキルを身につけるようにしましょう。

© 2024 レオスペ