このブログではプロモーション広告を利用しています。

仕事術

電気工事士のメリット・デメリット 資格があれば転職にこまらない

投稿日:

電気工事士のメリットは需要があること

電気工事士をめざしている方。
転職を考えている方へ。

電気工事士は不足しているので、需要があります。
しかも、電気は当分の間なくなりません。
さらに、発見されてから原理はかわっていない。
世界中どの国でも使われていて、仕組みは同じです。

日本では、電工の仕事をするには資格が必要。
将来的には第1種をとりたいところです。

メリットが大きい電気工事士。
デメリットも当然あります。

そこで、実際に1種を合格し、
電工を経験した私がお伝えします。

 

電気工事士のメリット 求人と需要がすごい

電気工事士のメリット

電気工事士の1番のメリットは需要です。

この先、なくならない仕事。
電灯や家電、スマホやネットもすべて電気が必要です。

そんな電気工事士のメリットを経験者がお伝えします。

 

電気工事はこの先なくならない仕事

すでにお伝えしたように電気は当分の間必要です。

需要があります。
就職や転職に有利です。

電気の知識や経験があるだけで色んな仕事につけます。
電気工事だけじゃなく需要があるんです。

 

電気工事士の資格・経験があればいろんな仕事ができる

電気工事士の職務はたくさんある

この先なくならない仕事の電気工事。

電気工事は工事現場で必要とされるだけじゃないんです。

電気工事の資格をもっていれば管理もできるようになります。

  • ビル管理
  • 建設会社
  • 電力メーカー
  • 機器メーカー
  • 自動車メーカー
  • 鉄道関連
  • イベント設営
  • 防犯関連
  • テーマパーク
  • 通信関連

電気工事会社の他にもこれらの職場で需要が高いです。

どの会社でも電気は必ず使います。
その電気を管理する人間が必要になります。

電気工事というと

  • 電柱に線をひく
  • 家のコンセントや電灯をつける
  • エアコンをつける

などがよく見るものかもしれません。
でも、電気工事士の仕事はとてつもなくあります。

 

電気工事士の資格や経験は転職に有利

電気工事士は転職に強い

電気工事士の資格や経験があれば転職に有利です。
電気の知識があると見込まれます。

私が派遣会社に入社したときのことです。

派遣先機器メーカーに面談にいったときのこと。
第1種電気工事士合格に注目されました。
また、設備工事の経験もあったので、
「ぜひ来てください。」
と、お願いされました。

最初は機器開発プロジェクトの試験調査でした。
機器メーカーは未経験。
でも、目標をもって自分のやりたいことをかなえた第一歩の時でした。

電気工事士から技術で機器設計になった経験はこちら

⇒【経験談】スキルアップに派遣を利用した話

 

未経験でも入社できる会社がおおい

電気工事士は未経験OKの会社が多いです。
求人が数も多く
未経験で入社して、資格をとる方がほとんど。

第2種はそれほどむずかしい試験ではありません。

1種も2種も実技試験があります。
だから、経験があればすぐできます。
最近では合格率もあがっています。

ただ、電気工事は資格がないと仕事ができません。
資格取得者の監督の元でも作業はしてはいけません。

資格をもっていないと仕事ができない。
だから独占できますね。

 

第2種電気工事士の試験はかんたん

電気工事士の資格試験は意外とかんたん

第2種電気工事士の試験はそれほど難しくありません。

高校生でも合格する方は大勢います。

試験対策の本や講座、ネットにも情報はたくさん
1年間に2回受験できるので受かりやすいです。

筆記試験と実技試験があります。
対策本もたくさんあるので意外と簡単にできてしまうかも。

自分の道具もそろえることになるのでちょっとうれしいです。

 

資格がないといけないので独占できる

電気工事は資格がないと仕事ができません。

無資格で電気工事をすると、

30万円以下の罰金
1年以下の懲役

が科せられます。

電気は命に関わったり、火事にもなります。
ですから厳しくされてます。

その分、資格をもってしまえば電気の仕事ができます。
建築屋も水道屋もガス屋も電気はさわれない。

電気屋におねがいするしかないんです。
独占できるわけです。

 

資格をとれば手当がもらえやすい

電気工事を独占できる電気工事士の資格。

需要が高いだけじゃありません。
資格手当がもらえる会社がおおいです。

私は電気工事の会社で資格手当をもらっていました。
さらに電気とは関係ない派遣会社でも、手当がありました。

第1種電気工事士の資格は当然2種よりも高いです。

資格手当が1万円なら、1年で12万円です。
持っているだけで、ちょっと高い買い物ができますよね。

 

家で電気の不具合が自分で修理

電気工事士の資格と経験があれば、家でも困りません。

家庭での電気関係で無資格でもいいものは、

  • 蛍光灯や電球など照明の取り換え
  • エアコンを壁に取り付けるだけ

資格がないとやってはいけないこと。

  • 電線を物件にとりつける作業
  • 電線を配管やダクトに収める作業
  • 配線器具を物件にとりつけ接続

すごく限られていますよね。

コンセントや電気器具の取り付けも限られてきます。
自宅だからいいでしょ?
って思っちゃいますよね。

でも、無資格者が施工すると事故の可能性が大きくなります。

さらに無資格者施工でもし火事などが起こったら保険はおりません。

 

電気工事士のデメリット

電気工事士のデメリットは忙しい

電気工事士のデメリットです。
メリットが大きい分、デメリットも大きい電気工事。

私は社会人はじめての会社が電気工事屋さんでした。
まだ21歳のころでしたし、体力もありました。

危険な仕事もあります。
忙しい時もあります。

大変なことが多い思い出があるので、
資格だけとるのもアリです。

手当とかキャリアアップに使えます。

 

電気工事は休みが少ない

電気工事をやっていた時で1番つらかったのが休みが少ないこと。

今の企業は週休二日が多いですよね。
土日が休みです。

でも電気工事は隔週やすみだったり、日曜だけの会社もあります。

建設業界は残業ができなかったり、休みを取らなければいけない現場が多いです。

電気工事は建物ができないことには仕事ができません。

  • 作業電源の設置
  • 配電盤の設置
  • 電線引き
  • 電灯の設置
  • 照明やコンセント設置
  • 結線作業
  • 試験

全工期で、比較的最初から最後まで仕事をします。
ただ作業で各社に分かれることもあります。

建物をお客さんへ引き渡す日が近づいてくると忙しくなります。
そのため、土曜日がなくなったり、朝早くから仕事になります。

ただ会社によって、全然対応がちがいます。
会社選びは慎重にしたいところです。

 

土日祝日は仕事が多い

電気工事士は休日出勤が多い

電気工事や点検は電気がとまっていないとできません。
だから、土曜日や日曜日、祝日の休みに働くことが多いです。

私の電工時代は、まとまった休みはだいたい仕事でした。

  • 正月
  • ゴールデンウィーク
  • お盆
  • 連休

正月やお盆はみんな休みです。
普段は止めることのないビルや工場もとまります。

こういうときはメンテナンスや電気工事は働き時です。

 

労働時間が長い

建設現場での電気工事士の仕事はおおい

建設関係の現場職は仕方ないです。
会社から現場が遠ければ、移動が大変。
1時間や2時間かけて現場に行きます。

現場の朝礼時間が8時だとします。
1時間でいける場所だと、会社には6時半には出勤です。

自宅を出るのが6時半ではなく、会社です。
家を出る時間はもっとはやくなりますよね。
さらには起きる時間も。

ただ労働時間や休日は以前から問題になっています。

これが働き方改革でどうかわるのか楽しみです。

 

電気の仕事は命にかかわることもある

電気関係の仕事は命にかかわることがあります。

電気は便利だけど、危険です。
普通の家に流れている100Vでも命をおとすことも。

年に何件か子供がコンセントに何か入れてしまう事件ってありますよね。
やけどだけならまだいいほうです。
電気が心臓を通れば命が危ない。

そんな電気と1番近いところで働くのが電気工事士。
ですから、作業前のミーティングはしっかり行います。

 

電気工事はやることがたくさん

電気工事はおぼえることがたくさんある

電気工事は職務内容がたくさんあります。
すでに休みがすくないのところで簡単に仕事の内容をお伝えしました。

ビルや工場などの建設現場の場合。
最初の作業電源からすでに現場入りです。

電線をひいて、つなげるだけじゃないんです。

私が受変電設備の試験員だった時。
高層ビルなどの大きな施設は受変電設備も大きいです。
大きな配電盤も数がたくさん。

設備屋さんが設置することが多いですが、電気屋でもやります。
私が電工時代、変電所の機器すえつけや盤の設置をしました。

大きなクレーンで吊らないと運べない大きさと重さです。
もう電気工事士を超えていました。

良い言い方をすればやりがいはあります。
色んなことを覚えることができます。
たくさんのことを覚えるので、転職でもかなり有利です。

 

上司や先輩社員が厳しい

電気工事は危険な仕事が多い。
すると自然と作業員の気持ちも締まります。
上司や先輩社員も現場ではきびしい方が多いです。

感電は命にかかわりますからね。

怒られているのではなく、あくまでも指導です。
命をおとしてしまったらそれでおわりですからね。

さらに、作業環境によっては厳しくなることも。

例えば大きな工場建設現場の場合。
他の作業員もたくさんいます。
大きな音がいろんなところでしています。

そんな騒々しい現場では大きな声じゃないと伝わりません。
みんな自然と声が大きくなります。
周りからみれば怒鳴っているようにみえます。
でも、本人たちは伝えようとしているんです。

こういった現場や人間関係のきびしさも、仕事が終わればみんな変わります。

厳しい現場で働いている仲間です。
現場以外ではみんな仲のいい会社が多いです。

 

まとめ:メリットが大きいので何かと有利

電気工事士はデメリットもありますが、メリットが大きいです。

  • 電気の仕事はなくならない
  • 色んなことを覚えることができる
  • 手に職がつく
  • 学歴は必要ない
  • 工事だけじゃなく管理ができる
  • 転職しやすい

これから先なくなっていく職業が増えています。

電気工事士は確実にのこります。
資格と経験があればキャリアアップにも使えます。
転職に有利ですよ。

電気工事からビルメンテナンスへの転職もしやすいです。
まずは手に職をつけてからのステップアップがいいですね。

© 2024 レオスペ