このブログではプロモーション広告を利用しています。

海外情報

カタール航空の拠点 ハマド国際空港の乗り継ぎと過ごし方

更新日:

ハマド国際空港の乗り継ぎと過ごし方

カタール航空でブラジルから、日本への帰国しました。
その際、乗り継ぎがドーハでした。
ドーハのハマド空港での過ごし方をご紹介。

カタール航空は、ドーハのハマド空港が拠点です。
日本からでも、南米からでも、
ヨーロッパへも、カタールのハマド国際空港を経由します。

大きな空港で、設立もまだ新しいのでキレイです。
ただ、広すぎて移動が大変。

そんなハマド国際空港へ子供を連れていきました。
遊ぶところが多くて、子供は大喜びです。

 

カタール航空のハマド空港で乗り継ぎ!広くてもわかりやすい

ハマド空港ないには車やクマの目印がある

ブラジル~日本への帰国の際に使ったカタール航空。

ブラジルからは1度ではいけない。
ですから、カタールではハマド空港で乗り継ぎします。

それほど複雑じゃありません。

乗り継ぎの流れはこんな感じです。

  1. ハマド空港到着
  2. 乗り継ぎセキュリティチェック
  3. 乗り継ぎ便確認
  4. 出発ゲートへ
  5. ゲートでチケットとパスポートチェック
  6. 搭乗
  7. 出発

広いのでゲートを間違えると戻るのが面倒です。
どの空港でもそうですけど、時間はちゃんと把握しておきましょう。

 

カタールに飛行機が到着したら【Transfers】へ

カタールで乗り継ぎのため検査をうける

長い飛行機の旅がようやく終わり、ドーハにつきました。

ふらふらになりながら、飛行機を降ります。
あの長い飛行機の後の空港内の静かさは、毎回ふしぎな感じ。

飛行機から空港内へ入り、少し進むと看板が出てきます。

  • Arrivals(入国)
  • Transfers(乗り継ぎ)

乗り継ぎの場合は、もちろんTransfersへ進みます。

 

乗り継ぎの荷物は受け取る必要がほとんどない

乗り継ぎで1番気になるのが、荷物ですよね。

経由空港で1度受け取らなければいけないのか、そのまま荷物は引き継がれるのか。

カタール航空では、ほとんどが最終目的地まで行きます。
荷物の受け取りはいりません。

荷物あると大変ですよね。

ですから、手荷物だけ持っております。

 

乗り継ぎセキュリティチェック

Transfersの矢印の方向へ進んでいくと、セキュリティチェックです。

Transfer Screening(乗り継ぎセキュリティチェック)へ。

必要なものは、

  • パスポート
  • 搭乗チケット

ですので、準備しながら検査を受けて空港内へはいります。
保安検査は、何もなければすぐ通過できます。

 

乗り継ぎ便のチェックを忘れずに

乗り継ぎ便の時間をゲートの確認は忘れずに

セキュリティチェックを終えると、広い空港内へ入ります。

まず、乗り継ぎの人はすぐに出発の飛行機をチェック。

空港内には出発時間のテレビモニターがいろんなところに置いてあります。
画面には次の情報がのっています。

  • 便名(カタール航空はQR○○○)
  • Destination(行先地)
  • Time(出発時間)
  • Gate(ゲート)
  • Status(状態)

これらの情報から、あなたの出発ゲートの確認をします。

ただ、待ち時間がながく、時間が早すぎると、まだ確定していないことが多い。
ですから、出発時間が近くなるにつれ、情報も確定します。

ゲートの確認はすぐできると思います。
飛行機は変更や遅れなどの場合も多いですよね。
Status(状態)も必ずチェックしていきましょう。

statusの表示例

  • Gate Change(ゲート変更)
  • Delay(遅れ)
  • Now Bording(搭乗中)
  • Departure(出発)

 

【地図】ハマドの乗り継ぎゲートはABCDE

ハマド国際空港のわかりやすいゲート地図

ハマド空港には、A、B、C、D、Eのゲートがあります。
大きなホールに、でっかいクマがいるので、目印になります。

各アルファベットには、C28とか、C29とか、さらに細かく番号が付きます。
各ゲートから、飛行機に乗ることになります。

搭乗手続きをして、中に入れば、すべてつながっていることはありません。

空港内が広いです。
免税店エリアから、D、Eゲートへ行くのが遠い。

時間があれば、ゲートの確認をしてから、免税などを楽しむのがいいですね。

こちらからハマド空港の詳細地図が見れます。
ゲートはもちろん、免税店やレストラン。
到着後のゲートまで詳細が載っています。

ハマド国際空港の詳細地図はこちら

 

乗り継ぎ飛行機への搭乗

出発時間が近づいてきたら、ゲートGO!

各ゲート前には、待合席がたくさんあります。
少し早くても、待っていられます。

また、ゲート間には、トイレやちょっとしたお店もあります。

ゲートから飛行機へは、

  • 飛行機のチケット
  • パスポート

を用意して搭乗手続きへ。

ゲートに入ると、どちらかで飛行機まで。

  • そのまま飛行機に乗る
  • バスで飛行機まで移動

そして、次の国までまた飛行機の旅のはじまりー。

 

カタール航空のハマド国際空港の過ごし方

ハマド空港の中央には目印のクマがいる

まず、ハマドの過ごし方です。
トランジットの待ち時間によって変わっていきます。

  • 乗り継ぎ便が8時間以上はホテルへ泊まれる
  • ドーハ観光
  • 空港内で待つ

たぶんほとんどの方が、空港内で過ごすと思います。
ホテルは無料ですが、条件があります。
ドーハ観光も5時間以上待ち時間がないといけません。

それでは、ハマド空港でのオススメの過ごし方です。

 

仮眠・休憩スペースがたくさん

ハマド空港のクワイエットルームは寝れる

ハマド空港内には、休憩できるイスがたくさんあります。
また、クワイエットルームもあります。
リクライニングチェアなので、仮眠できます。

空港内は24時間発着があるので、人もいます。
また、警備員ももちろん回っているので、ちょっと安心。

ただ、貴重品は気を着けましょう。

 

キッズスペースで遊べる

ハマドのキッズスペースであそぶ

子供連れには、うれしいキッズスペースがあります。
授乳できるところもあります。
また、哺乳瓶などをあらうところも。

安全な遊具とかイス、テーブルがあります。

キッズスペースは、3歳ぐらいから遊べるエリアもあります。

滑り台が付いた遊具に上ったり遊べます。
ただ、この遊具が鉄製のもので、頭ぶつけるとけっこう痛い。

でも、長時間のフライトを寝てもらいたい。
そのためには、ここでいっぱい遊んでほしいところです。

 

ベビーカーの貸し出しあり 申請不要

ハマド空港のベビーカー貸し出しは申請不要

空港内にはベビーカーが借りれます。

貸し出しには、申請なども必要なし。

通路のはしに、キャリアカートと同じように置いてあります。

使っていると、
「それどこで借りれるの?」
ってよく聞かれます。

 

無料PC 無料wifiあり

ハマド空港にはMacがたくさん無料でつかえる

ハマド空港内には、無料でwifi接続できます。

また、パソコンスペースもあり、無料で使えます。

ただ、iMacなのでWindows派は使いにくい。
しかも、適当に使う人が多いようで、固まっているものもありました。

 

ラウンジで快適に過ごす

空港内には、ラウンジがたくさんあります。

  • ファーストクラスラウンジ
  • ビジネスクラスラウンジ
  • オリックスラウンジ

エコノミークラスでも使えるのが、オリックスラウンジ。

特に特別なクレジットカードを持っていなくても入れます。
ただし、有料になります。

料金は、55米ドル。
安い。

長時間の待ち時間はゆったり過ごせるラウンジがオススメ。
でも、中は以外と人が多い時が多い。

ラウンジ内のサービスはこちら。

  • 食べ物(ビュッフェ)
  • ドリンク(アルコール有)
  • インターネット
  • キッズスペース
  • ゲームルーム(キッズ)
  • ビジネスセンター
  • ロッカー
  • シャワールーム
  • クワイエットルーム
  • 喫煙室

場所は、空港中央の大きなクマの上にあります。
クマのとろこのエスカレーターかエレベーターを上がります。
すると、大きくOryx Loungeと入り口があります。

オリックスラウンジは大きなクマの上にある

 

トランジット用ホテルで過ごす

乗り継ぎまでの時間が長い時はホテルもアリです。
しかも、条件によっては無料で宿泊できます。

ただ、カタール航空も時間を考えています。
実際、なかなか無料はないです。

トランジット用ホテルの無料条件

  • 乗り継ぎ待ち時間が8時間以上24時間以内
  • 予約便の他に8時間以内の乗り継ぎ便がない場合
  • コードシェア便は不可

なかなか難しい条件です。
待ち時間が8時間以上で、予定の便以外にも8時間以内に便があったらダメ。

だから、8時間以内に抑えてるトランジットばかりです。

ホテルの確認、予約は事前にできます。
また、当日でも受け付けてくれますが、できないことも。
空室によって断られる場合もあります。

詳細はこちらの公式サイトで。
オリックスホテルです。

カタール航空乗り継ぎ用ホテル

 

ドーハの街を観光する

乗り継ぎ時間が5時間以上ある場合。
砂漠ツアーへ車で行けます。

また、ドーハの市内観光もできます。

 

乗り継ぎ時間内ドーハツアー内容

  • ザ・パール・カタール(高級ショップやレストラン)
  • カターラ・カルチュラル・ヴィレッジ(芸術、伝統、文化スポット)
  • イスラム美術館
  • スーク・ワキーフ(アラブの市場、服、宝石、工芸品など)

パールカタールは人口島です。
ショップがたくさん並んでいます。

カターラは文化村みたいなところで、カタールの芸術、文化を見ることができます。

イスラム美術館はイスラム文化の美術館。
書物、織物、陶磁器、ガラス工芸、宝石など、インドやエジプトから集められています。
海に浮かぶ白い建物が特徴的。
ただ、中は短時間乗り継ぎツアーは入れない。

スークワキーフは、地元の市場。
衣類、食品、宝石、貴金属、工芸品などが買えます。
地元の人の市場なので、色んなものが売っています。

 

ドーハツアー時間

ネットでの事前予約はツアー開始時間の48時間前までです。

ツアー開始時間乗り継ぎ便時間受付時間(当日)
08:0013:00以降06:30(90分前)まで
10:3015:30以降09:00(90分前)まで
15:0020:00以降13:30(90分前)まで
18:0023:00以降16:30(90分前)まで
20:0001:00以降18:30(90分前)まで
21:3002:30以降20:00(90分前)まで

意外と夜遅くまでやっていますよね。
乗り継ぎ便の時間をしっかり確認してから参加しましょう。

他にも参加条件があります。

 

乗り継ぎ時間のドーハツアー参考条件

  • 5時間以上の乗り継ぎ時間
  • ツアーは先着順(定員46名まで)
  • ツアー時間は約2時間
  • ツアー出発時間の90分前までにツアーデスクで受付
  • 支払いはクレジットカード

ツアーは色々あるので、事前に調べておくといいですね。
カタールツアー

 

まとめ:ドーハの空港は待ちが長くても快適

ドーハのハマド国際空港は、休憩できる場所があって快適です。

空港は広くて、イスも多い。
トイレもキレイです。

  • クワイエットルーム(リクライニングチェアー)
  • 無料wifi
  • 広いキッズスペース
  • ラウンジ
  • ホテル
  • ドーハツアーアリ

これだけそろっていれば、快適に過ごせそうです。

ただ、お金をUSD(米ドル)で払うと、QAR(カタール・リヤル)で返ってきました。
持って帰っても、特にかっこよくもなく。

© 2024 レオスペ