このブログではプロモーション広告を利用しています。

仕事術

電気工事士の年収はどのくらい? 安いならあげるしかない

投稿日:

電気工事士の年収はどのくらいなのか

電気工事士で仕事をしていくなら、気になるのは年収です。

電気工事士の年収は平均400万円~500万円。

仕事が危険できついのに安いと思います。

できれば給料は高いほうがいいですよね。
電気工事が大好きっていう人は別に気にならないと思いますけど。

電気工事士の年収は当然ですが会社によります。
また、独立によっても違ってきます。

そこで、どうやって電気工事士が年収をあげていったのか経験したことをお伝えします。

 

電気工事士の年収はやすい

電気工事士の年収はじつはひくい

電気工事士の平均年収は400万~500万と言われています。

厚生労働省による賃金構造基本統計はこちら
賃金基本統計調査(労働厚生省)

高いと思いますか?
安いと思いますか?

私は安いと思います。

電気工事の仕事は技術が必要です。
資格がないと仕事ができません。

危険な仕事もあります。
高所作業や活線作業もあります。

私が電気工事士を辞めた理由はこちら

その割には給料が安いのでやめていく方も多い。

逆にやりがいはすごくあります。
そして、経験値が上がっていくと転職にかなり有利。
幅が広がるので色んな仕事へ転職できます。

経験がない、見習いの時期は給料が安いので知っておいたほうがいいですね。

どんな職でも同じですけどね。

 

電気工事士の年収は会社による

電気工事士の年収は会社しだい

電気工事士の年収は会社によります。

就業している会社が

  • 家屋の配線工事
  • エアコンの取付工事
  • 電気設備工事全般
  • 主に管理業務

などによって違いがあります。

例えばエアコン設置業者の場合。
400万円~700万円ぐらいです。

ただ、エアコン設置は夏前が繁忙期。
この時期にガンガン働いて稼がないと厳しいかも。

他には、工場や店舗などの電気設備工事の場合。
300万円~500万円ぐらい。
私は卒業後この電気設備工事に就きました。

電気工事士を合格していましたが、1年目は300万円程度。
2年目は昇給とボーナスが支給され380万円ぐらい。

最初は当然未経験なので仕方ないです。
ですが、仕事がきついわりには少ないと思います。

しかし、どの職務内容でも会社次第です。
電気設備工事全般でも、月給30万+手当、ボーナス。
経験5年で年収500万円。

10人程度の電気工事屋よりも、やはり何百人の企業の方が年収がいいです。
電工の給料統計で証明されています。

職種別きまって支給する現金給料額(厚生労働省)

基本給+手当がつく会社がいいですね。
第1種電気工事士の資格手当が1万円だとすると。
年間12万円もらえます。

  • 皆勤手当て
  • 住宅手当
  • 交通費

など、年間にすると大きな金額になります。
ですから、会社選びは慎重にしたいですね。

 

電気工事士の年収の上げかた

電気工事士で給料をあげるには転職が必要

電気工事士は職務内容と会社しだいです。

ブラック企業とよばれる会社は多いかもしれません。

きついし、給料も安い。
さらに危険な作業もあります。

ですから、給料を上げる。
またはキャリアアップするために、目標を決めましょう。

私は電気設備工事から、機械設計を経て、最終的には設計、施工管理になりました。

ただ、きついから辞める、というのはやめたほうがいです。
ある程度の経験と知識、資格は最低でも必要です。

 

給料アップのために転職する

給料アップのための転職はどの職業でも同じですよね。

がんばって働いているのに、むくわれないのは辛いです。
さらに将来が不安になります。

電気工事士ははじめは体力が必要です。
経験やキャリアが上がれば仕事内容も変わってきます。

ですから、しんどいからすぐにやめるよりも経験をつむと次へ行きやすいです。

たまに電気工事屋はつぶしがきかないという方がいます。
他の職業になれないということですね。

そんなことないから大丈夫です。

 

個人事業(一人親方)でやっていく

会社に雇われているうちは会社に従わなければいけません。

給料も仕事も休みも会社しだいです。
でも、一人親方になれば自由です。

働けば働いただけもらえます。

そして、電気工事だけじゃなく、営業の力もつきます。
個人事業主になるので、ただ電気工事さえしていればいいというわけじゃない。

工事も営業も経理もやります。
そして、やったらやった分だけ自分に入ってきます。
その分、責任も大きくなります。

失敗すれば信用はさがり、仕事はへります。
おもしろさはふえますが、リスクも増えます。

 

電気工事士からのキャリアアップ

電気工事士をキャリアアップするには経験が必要

電気工事士として工事へ従事する。
でも、いつまでも電気工事作業員で終われないです。

電気工事士として経験を積んでいくと、施工管理へ移ります。
作業員や材料の手配。
作業工程、現場の管理など、経験値がぐんと上がります。

まずはこのレベルまでいくのも一つです。

他にも、電気工事の経験と知識を生かすには。
給料も経験もいかすなら、管理です。

ビル管理やメンテナンス。
こういった仕事は電気工事を生かせることができます。
しかも、電気工事のようにきつい仕事ではありません。

ただ、管理する仕事にも資格は有利です。
給料をふやしたい、楽したいなら勉強ですね。

私はやりたいことがたくさんありました。
その元になったのが電気工事です。
きついこともありましたが、土台には電気工事があります。

しかも電気工事の経験がすごく役に立っています。
さらに、資格もです。

私が電気設備工事からやりたいことをかなえた話はこちら。
【実話】電気工事士から機器設計への道

 

まとめ:電気工事士からキャリアアップをめざす

若い時は体力も力もあります。
工事の機器が重くても、力で運びます。
給料がやすくてもこんなものだと思ってしまいます。

でも、キャリアアップ、スキルアップを考えるようにしましょう。

いつまでも体力勝負の仕事はきついです。
電気工事ばかりでなく、どんな仕事でも上を目指すこと。
じゃないといつまでもストレスばかりです。

© 2024 レオスペ