PR このブログではプロモーション広告を利用しています。

仕事術

2・6・2の法則 会社・組織はあなたがいなくなっても回っていく

更新日:

262の法則は自然の法則

2割6割2割の法則を聞いたことありませんか?
262の法則と言って、自然の摂理的なもの。
この法則は、色んなものに当てはまります。

  • 会社のような組織。
  • 人間関係。

簡単に説明すると、

  • 2割:高
  • 6割:普通
  • 2割:低

色んなものにこの割合が当てはまります。
もし、組織や人間関係に悩んでいたら、ちょっとこの法則について知ってください。

自分ってそんなに必要でもないし、完璧でもなかったと楽になれます。

 

262の法則はできる人 普通 できない人

組織でも262の法則があてはまる

あなたの働いている会社や組織を見回してみてください。

  • 仕事できる人
  • 普通の人
  • 仕事できない人

この3つに大きく分かれるはず。

これは組織が大きいほど、こうなっていると思います。

これが262の法則なんですけど、面白いことがあります。
例えば、仕事がバリバリできる上位の2割。
この上の2割から、人が辞めていったといます。

幹部からみたら、残念でなんとか穴埋めをしたいと思うはず。
でも、この上位2割が削られても、すぐに誰かが埋めてくれるんです。

そう、変わりになる優秀な人材が現れてきます。

じゃあ逆を見てみると。

 

2割のできない人材を切ったら 新しく生まれる

262の2割を切っても新しくできる

会社の1番の宝は人材です。

最近人手不足がよくいわれていますけど、企業にとって人材ほど重要なものはありません。

例え、AIが発展しても、人が重要なのはかわりません。

そこで、企業の取締役などは、できる人材を集めたがります。
それで、できない人間を切りたいと思うのは普通です。

じゃあ、262の法則のできない人達。
下の2割をリストラしたとします。

これ不思議なんですけど、新しく下の2割が生まれるんです。

能力的に下の2割を削ったから、質が上がったと考えがちですけど、そんな簡単な法則じゃないんです。

やっぱりできない、やらない人材となってしまう。

 

上位の2割を増やしたら回らない

今度は逆にできる人間の比率を増やしたら、会社は優秀になっていっくのでしょうか。

262の法則が、352とか442とかの法則になりうるかということ。
実は、この法則が崩れていくと、統制が取れない事態も。

だから、できる人材がほしいのは本望ですけど、組織の割合をちょっと考えてみてください。

なるほどってわかるはず。

 

人間関係にも262の法則

仕事や人間関係にイライラするのも262が関係する

262に法則は組織だけじゃないんです。

  • 仕事
  • イケメン
  • 恋愛

色んな事に当てはまります。

例えば、人間関係だと、人の好き嫌いってあると思います。

私はこの人とは合うけど、あの人はダメ。
その割合は2・6・2になるはず。

 

人数が少ない会社は? 最後はなってくる

大きな組織なら、262の法則が当てはまりそうです。

でも、逆に小さな会社の場合はどうでしょうか。

それでもやっぱりその比率に近づいてくるはず。

  • 経験のある上司。
  • 仕事は普通にこなし、上を見ざす社員。
  • ちょっと腕の落ちる社員。

中小企業でも、262は関係してくるはず。

 

少数精鋭部隊の場合も

私が以前、勤めていた会社の話。
建築関係の会社でした。

上位2割は、古くからの社員で、監督も作業もやはりプロ。

そして、中位の6割。

普通ではあるんですけど、上も下も目指さない感じ。

  • 2割できる(10年以上勤務)
  • 6割普通(5年以上勤務)
  • 2割できない(1年~5年未満)

結果、この法則よりも、自分たちでどうやったらできるのか。
当たり前のように、下の2割は上位からサポートされ、上へ向かっていきます。

人数の少ない組織の場合、どのレベルでもやらなければいけない環境かもしれません。

私が勤めていた会社は人材が優れていたのか、どのレベルの社員でも、仕事を普通にこなしていました。

年数と共にレベルも上がっていきました。
そして新入社員が入ってくると、下の2割が増える。

結論はやっぱり262の法則になってきていました。

 

262の法則を知っていると人間関係が楽に

262の法則をしっているだけで、人間関係も楽に考えられる

人間関係ってかなりのストレスですよね。
人との付き合いや好き嫌いで、心身ともに疲れます。

262を当てはめると、

  • 2:好きな人達
  • 6:普通であまり関心がない人達
  • 2:嫌いな人達

こうなってきます。

また、人の性格についても、

  • 2:性格がイイ人
  • 6:性格が普通の人
  • 2:性格が悪い人

ここにも当てはまることも。

これ、ストレスフリーにするため、どんな人とでも仲良くするのは無理なんです。

じゃあ、人付き合いを全くなしになんてできません。

だからもう、開き直るというか、仕方ないと思うしかないんです。

アドラーの法則じゃないですけど、あなたはあなた。
人に同じ性格なんていないし、合う人もいれば合わない人もいます。

悩むだけ損しています。

でも、悩みますよね。

 

まとめ:262の法則は色んなものに当てはまる

262の法則って色んなものに当てはまるので、面白いです。

色んな場所でちょっと考えてみると、客観的に物事がみれるようになるので、知っておくだけでもメリットです。

人間の性格も人それぞれ。

なやみむようです。

© 2024 レオスペ