PR このブログではプロモーション広告を利用しています。

海外情報

北京首都空港でのエアチャイナのトランジットラウンジを無料で使う方法

更新日:

エアチャイナのトランジットラウンジの入り口

北京首都国際空港のエアチャイナ、トランジットラウンジを無料で利用しました。

エコノミークラスでも事前予約して入ることができます。

ベッド付きの個室やシャワーも無料で使えました。
飲み物や軽食も。

そこで乗り継ぎラウンジの利用方法をお伝えします。
9時間の待ち時間でも快適。
使わないと空港のイスで長い間またなければいけません。

ビジネスクラス、ファーストクラスラウンジとは違います。

今回旅行した中国国際航空のフライト内容はこちら。
サンパウロ~マドリード~北京~関空

エアチャイナ【中国国際航空】に搭乗 評判が悪いなんて嘘だった

 

エアチャイナの乗り継ぎラウンジを無料で使う方法

ラウンジ内

エアチャイナの乗り継ぎラウンジは2つの空港にあります。

  • 北京首都国際空港
  • 上海浦東国際空港

この2つの空港で、国際線への乗り継ぎの時に利用できます。
エコノミークラスでも無料で使えます。

今回私たちが利用したのは、北京首都国際空港。
北京からマドリードへのトランジットの際に入りました。

ただ、ラウンジを使うには条件があるので注意です。
4時間以上の待ち時間やエアチャイナ便など。
後程詳しくお伝えします。

まずはラウンジを使うために事前予約しておきましょう。

 

エアチャイナのトランジットラウンジは事前予約が必要

北京でも上海でも、エアチャイナのラウンジを使うには事前予約がいります。

事前予約のタイミングは飛行機が出発する前。
北京や上海に到着する飛行機が飛ぶ前です。
出発前に予約完了しておかなければいけません。

ラウンジの利用人数に限りがあります。
ですから、早めに予約しておきましょう。

⇒中国国際航空の乗り継ぎラウンジの予約はこちら

しかもエアチャイナの乗り継ぎラウンジ。
休むためのイスやテーブル。
軽食や飲み物があるだけじゃないんです。

他にも個室があるのでその利用方法もみていきましょう。

 

ベッド付きの個室を4時間限定で使った評価

トランジットラウンジの個室ベッド

エアチャイナのトランジットラウンジには個室があります。
ベッドがあって、鍵もかけることができます。
4時間限定なので、時間がたつと呼びに来てくれます。

個室は当日でも使えます。
事前予約でラウンジに入るとき、カウンターで個室が空いているか聞いてみましょう。

プライベートルームが空いていれば、最長4時間まで使えます。

その部屋の設備はこちら。

  • ベッド2つ
  • テレビ
  • ドライヤー
  • 洗面台
  • ロッカー(ハンガー)

トランジットラウンジのテレビと洗面器

長い乗り継ぎ時間もプライベートルームでゆっくりできます。

もちろんベッドで寝ることができます。
ケーブルテレビがあるので、子供たちはアニメを見させていました。
中国語ですけど。

洗面台があるので、手を洗って、メイクもできます。
さらにドライヤーまで付いています。
シャワーを浴びた後、部屋でゆっくりヘアセットや化粧ができます。

かなり快適でした。

 

ラウンジではシャワーも無料で使える【シャンプー付き】

エアチャイナラウンジのシャワールーム

エアチャイナのラウンジにはシャワールームもあります。
4部屋あります。

シャワールームのアメニティグッズ。

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディクリーム

なぜかボディクリームでした。

タイミング的には待たなければいけないこともあります。
私たち家族4人入るときは、3ルーム空いていました。

個室の目の前なので、近くて便利。
もし、4つとも埋まっていてもすぐに確認できます。

シャワーを浴びる準備をしておきます。
空いたらすぐにはいれるように。
ちゃんと熱いお湯がでます。

 

トランジットラウンジ内は時間制限なしで利用できる

ラウンジ内の廊下とシャワールーム前

個室の利用時間は4時間までです。
でも、ラウンジ自体の利用時間は無制限。

ソファやイス、テーブルの大きな部屋があります。
飲み物は無料ですし、軽食もちょっとあります。

時間によっては混雑しています。
でも、その時間は私たちは個室にいたので問題なし。

乗り継ぎの飛行機まで9時間でした。
個室にいて搭乗時間の1時間半前にでました。
そして、ケンタッキーとピザを食べて搭乗です。

9時間は長いと思いましたが全然問題なしでした。

 

軽食やドリンクは食べ放題 飲み放題

ラウンジ内のコーヒーメーカー

ラウンジ内に用意されているものは無料です。
飲み物や食べ物は食べ放題。

ただ、軽食といってもちょっとしたものです。
市販のお菓子や小さいケーキみたいなもの。
私たちがいたときは小さいスポンジケーキや豆菓子がありました。

飲み物はこちら。

  • コーラ
  • オレンジジュース(炭酸)
  • ライムジュース(炭酸)
  • ピーチジュース(パック)
  • レモンティー(パック)
  • コーヒー

飲み放題でしたので、パックのレモンティをかばんに積み込みました(笑)

 

無料のwifiあり ネットにつなぐ方法

ラウンジには無料のWi-Fiがあります。
ラウンジ用というよりも、空港内用です。

以前は簡単につなげました。
でも、今は専用機械での操作が必要です。

北京首都空港のwifi接続器

北京首都国際空港で無料wifiを使うにはこの機械をつかいます。
画面には日本語表示できるので誰でもできます。
最初に日本語表示にして画面にしたがうだけです。

ただ、中国国内はネットが制限されています。
LINE、FBやインスタ、グーグルも使えません。
yahooのニュースはみることができました。

中国国内でネットを自由につかうにはVPN接続が必須です。

 

エアチャイナのトランジットラウンジの利用条件はこちら

ここからトランジットラウンジを使える人をお伝えします。
エアチャイナに乗ればだれでも使えるわけじゃないんです。

その名の通り乗り継ぎラウンジですからね。

ポイント

  • 航空券番号が【999】から始まっている
  • 北京か上海の国際線から国際線へ乗りつぐ人
  • 【エアチャイナ】中国国際航空を使う人
  • 乗り継ぎ時間が4時間~24時間以内の人
  • 子供だけでの利用は不可

 

トランジットラウンジを使う時の注意点

利用条件がととのっていても使えない時があります。
そういった注意点をまとめました。

ポイント

  • ラウンジ使用は事前予約が必要(中国へのフライト出発前までに)
  • ラウンジカウンターに予約番号、パスポート、搭乗券が必要
  • 利用人数が多いと入れないことがある
  • 乗り継ぎ便を変更の場合は再予約必要
  • ラウンジ内の個室は空いている場合にはいれる

ネットか電話でフライトの前に予約をしておきましょう。
予約番号の控えをわすれずに。

 

エアチャイナのトランジットラウンジの場所

エアチャイナのトランジットラウンジの入り口

北京首都国際空港のトランジットラウンジの場所は、ターミナル3です。

T3Eの2階、国際線出発ターミナル。
E10の搭乗口の前にあります。

24時間オープンですので、いつでもはいれます。
エレベーターで上へあがって受付カウンターがあります。

 

エアチャイナのトランジットラウンジを利用した感想:まとめ

今回、北京首都国際空港のラウンジを利用しました。

スペインまでの待ち時間が約9時間。
ラウンジの個室がつかえたのであっという間に時間がすぎました。
シャワーにも入れました。

4、5時間過ぎてしまえばすぐです。

搭乗前に空港内で食事。
そして、フライトでした。

ラウンジの内容も無料と思えないほど。
エアチャイナもかなり改善されています。

あと中国はネットがかなり制限されているので、googleやyahooのサイトが見れません。
日本と同じように自由に使うには、
VPNをつかいます。

日本から接続してます!ってするのがVPNです。
1か月間無料でつかえたりするので、旅行だけなら無料登録していったほうが絶対便利です。
私は急遽中国滞在となったので、いろいろ検索したくても全然できませんでした。

↓こちらの記事で、VPNの詳細と海外での日本サイトのつなぎ方書いてます。

⇒海外いくなら必須 VPNなら中国にいても日本のサイト利用できる



© 2024 レオスペ