PR このブログではプロモーション広告を利用しています。

ブラジル 海外情報

ブラジルからユナイテッドを使いアメリカ経由で日本へ帰国

更新日:

 

GRU空港UA受付

少し時間が経ってしまいましたが、ブラジルからアメリカ経由で日本へ帰国したときのお話。

基本情報

  • 家族5人(子供3人)
  • ANA(ユナイテッド提携便)
  • GRUから出発
  • 名古屋着

 

ANA(ユナイテッド)を利用した理由

前回帰国したときは、ユナイテッドを利用しました。

そして、今回も同じくユナイテッド。
その理由は、そう、すでにお分かりの通り金額です。

航空チケットアプリで検索して、1番安かったチケットを買いました。

人数が多いとどうしても金額は高額になっちゃいますからね。

ANAなので日本語が通じていろいろと質問や食事などやりやすかったです。

 

世界的にまだ疫病にて規制中だった

2022年4月に出発したので、規制が終わっていなく、しかも日本は過去最高の患者数でした。

ですので、空港ではワクチン接種証明、事前検査の結果、その他いろいろな承諾書類など、面倒なことがいっぱい。

アプリもいれて、隔離することになりました。

これが本当に面倒で、電話はかかってこなかったですが、アプリで顔認証を家族全員するなど、寝ていられませんでした。

 

アメリカで荷物の受け取りと入国検査

アメリカは乗り換えだけですが、審査があります。

わすれてはいけないのはESTAをちゃんととっておくこと。

見せたことは今までないですが、プリントアウトして持参しました。

アメリカ経由で面倒なのは、厳しい入国検査。

しかも、預け荷物を1度引き取らなければいけません。

そして、再度預ける。

日本へ帰国するときは、スーツケースは空が多いので楽ですが、帰りの場合は荷物MAXなのでちょっと大変。

 

シカゴ空港アメリカ入国検査場で事件

入国検査で手荷物を持って審査を受けるときのこと。

「きもちわるい・・・。」

なんと三男が飛行機で酔ったままでした。

そして、審査を受けるために並んで順番が来たとき!

うええええええ

なんと戻してしまいました。

服、靴は汚れ、床もどろどろ。

しかも手荷物から、タブレットとか液体とか出している途中。

もう、あわてまくって大変。

そんな中検査員はしれーっとしている。

かわいそうに泣きながら検査を通り、汚れた服や靴下はそのままゴミ箱へ。

空港内で子供用の服を探す旅に出発しました。

 

シカゴ空港でピザとドーナツ

シカゴ空港でのピザ屋さん

バタバタして検査場を通過し、なんとか着替えの服を子供に買って、落ち着きました。

楽しみにしていたトランジット空港でのごはん!

シカゴなのでとりあえずシカゴピザを食べました。

さらに、アメリカといえばドーナツ!

コーヒーと一緒にドーナツを食べて、手はどろどろです。

子供たちもどろどろ。

でも、おいしかった。

最近乗り換えが3時間とかだとすごく短く感じます。

空港をたのしむためには、5時間ぐらいないとゆっくりできない。

早く乗り換えしたいならいいけど、楽しむなら最低でも2時間はほしいかも。

 

アメリカ経由がうれしい1番の理由

アメリカ経由がうれしいのは、フライト時間が短いから。

例えば、エミレーツでドバイを経由する場合。

ブラジルードバイ、ドバイー日本。

この間15時間と10時間。

正直エコノミーに15時間も乗るのマジで辛い。

空いてる席あればいいけど、満席が多い。

1度寝落ちして、時間みるとまだ10時間もあるのかよ!?

ってなる。

そうアメリカ経由だと9時間とかで到着するから本当にうれしい。

サービスの質はそれほどだけど。

でも、そんなにCAと話さないし、なにかちょうだいって言わないし、全然問題なし。

食事も、アラブ系よりはアメリカの方が好きだしね。

 

ブラジルからアメリカ経由で帰国まとめ

そんな感じで今回はなぜアメリカ経由で帰ったのか理由を書きました。

チケットの金額が安い。

フライト時間が短い。

アメリカでおいしいもの食べたい。

これが主な理由です。

飛行機に乗っているお客さんもエアチャイナやアラブ系と違って、アメリカ人多いのでなんだかちょっと安心。

チケットも全日空だったので質問もしやすいから楽でした。

なかなか電話つながらないけどね!

今回のブラジルーアメリカー日本旅行の記事はこちらも。

ana飛行機ボーイング777
羽田-成田空港間乗り継ぎ 家族5人預け荷物11個もってリムジンバスで大移動

日本へ家族で帰国した際、アメリカのヒューストン経由を利用しました。 行きは、グアルーリョス空港を出発し、シカゴ到着。 羽田空港から名古屋に着きました。 日本からブラジルまでは、 中部国際空港 ⇒羽田空 ...

続きを見る

© 2024 レオスペ